新潟つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟駅前で多宝温泉 「ドーミーイン新潟」

<<   作成日時 : 2014/12/20 18:35   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨夜は新潟駅前で忘年会がありました。新潟市郊外に住む私には、代行で帰るより泊まったほうが得なので、ビジホに泊まることにしました。当然大浴場付きのホテルを選びますが、今回は「ドーミーイン新潟」です。

 大浴場があるホテルは他にもありますが、「ドーミーイン新潟」はこの春に大改修工事を行って、4月22日に、「天然温泉 多宝の湯」としてリニューアルオープンしました。西蒲区の多宝温泉をローリーして使用開始したものであり、実際の湯使いを確かめるため宿泊することにしました。このホテルを利用するのは、リニューアル前の昨年7月以来となります。

画像


 職場を早めに出ましたが、夕方のラッシュで渋滞し、ちょっと焦りながら新潟駅前の「ドーミーイン」に到着。駐車場に車をとめてチェックイン。今回は、新潟県民限定の格安プランを利用しました。

 急いで客室へ。エレベーターを降りますと、大きな吹き抜けを囲むように客室があります。吹き抜けの天井はなく、外気が吹き抜けていますので、この時期は結構寒いです。

画像


 エレベーターの上に暖房装置がありますが、これがないと待つ間に体が冷えてしまいます。

画像


 格安プランのシングルルームは、こんな感じです。

画像


 バス付ではないですが、泊まるだけなら十分な部屋です。

 荷物を置いて、新潟駅前の忘年会会場へ駆け足。場所がわからず、遠回りしてしまいましたが、開宴に遅れることなく到着しました。

 料理は・・・。

画像


 この後もいろいろ出てきて十分な内容でした。もっとも、ビールばかり飲んでいましたが・・。

 某居酒屋に場所を変えて二次会。ホテルに戻ったのは12時前でした。時間が過ぎるのはあっという間です。

 11時までやっているドーミーイン名物の「夜鳴きそば」を食べ損ねたのはちょっと残念です。

 いよいよ浴室へ。以前は2階の浴室と10階の浴室が男女交互で使用されていましたが、リニューアル後は男湯は10階に固定されています。

画像


 エレベーターを降りて、坂道のアプローチを歩いて浴室へ向かいます。

画像


 部屋のカードキーをかざして入室。脱衣場には鍵付きロッカーがあり、洗面台には備品類は必要十分に揃っています。

画像


 浴室の構造は、以前と同様に思われます。手前に洗い場、奥に大浴槽があり、一部は寝湯になっています。サウナと水風呂もあります。

画像


 外には露天風呂。一部洞窟風呂になっている石造りの浴槽と、

画像


 壺湯が2つあります。ザバーッと湯を溢れさせて浸かるのは気持ち良いです。

画像


 洗い場は仕切り付きで9か所。

画像


 ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、シェービングフォームが置いてあります。

 さて、温泉ですが、露天風呂は沸かし湯であり、温泉ではありません。内湯に温泉が使用されています。

画像


 源泉名は多宝温泉だいろの湯3号泉。泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(アルカリ性低張性高温泉)。源泉温度45.7℃、湧出量1140L/分(動力)、PH 9.0。ガス性除く成分総計は6696mg/kgです。

 おなじみの多宝温泉・だいろの湯には3つの源泉がありますが、硫化水素臭の強い1号泉ではなく、一番湯量が豊富な3号泉が運ばれて使用されています。そういえば、3号泉は「めんめん亭わたや」にも使用されていましたね。だいろの湯だけで使うには湯量が多すぎるので、有効活用というところでしょうか。

 さて、実際の湯は無色透明で、塩味があります。含硫黄ではありますが、硫化水素臭は感じられません。もっとも、だいろの湯でも3号泉は同様の印象です。

 掲示によりますと、加水あり、加温あり、循環ろ過あり、塩素消毒ありです。鮮度は落ちるのは仕方ないですが、温泉としての味わいは感じられます。

 湯上りにはやはりこれ。

画像


 瓶入り牛乳があるのはうれしいです。

 朝起きて、バイキングの朝食。メニューは充実しています。私の朝食は・・。

画像


 たっぷりいただきました。釜飯風の炊き込みご飯やのっぺが美味しかったです。

 食後に朝湯へ。

画像


 昨夜は暗くてわかりませんでしたが、浴室へのアプローチは天井のない吹き抜けの最上部に当たるため、結構寒いです。吹雪だったらどうなるんでしょうね。

 内湯はもうもうとした湯気が充満。

画像


 洞窟風呂には檜の木片が浮かんでいました。温泉ではありませんが、熱めのお湯は気持ちよかったです。屋根はないので、曇り空ではありましたが、開放感があって気分爽快です。

画像


 壺湯に浸かってしばしまどろみました。

 内湯は大きなガラス窓になっていますが、目張りがあって、景色は良く見えません。露天風呂も同様に目張りされていて、景色は良く見えません。でも目張りの間から、朱鷺メッセや新潟港を見晴らすことができます。

 ちなみに、部屋の窓からはこんな景色です。

画像


 新潟駅前で、たとえローリー温泉であっても温泉を楽しめるのはうれしいことです。新潟市の旧市街は、地盤沈下のため温泉の掘削が許可されていませんので、こういう形でやるしかないです。

 全国のドーミーインと同様に、浴室には力が入っていて、充実しています。料金は手頃、アクセスのいい場所ですし、おすすめの宿です。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
新潟駅前で多宝温泉 「ドーミーイン新潟」 新潟つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる