新潟つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日を浴びて露天風呂 「ヴィネスパ」

<<   作成日時 : 2016/11/20 10:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 このところ多忙な毎日。夜の会合も続いて、仕事帰りの温泉もままなりません。心身の疲労が蓄積して爆発しそうでしたので、朝湯に行ってきました。

 私の家から一番近い朝湯といえば、角田山麓にある「ヴィネスパ」です。かつて6時から500円の朝湯をやっていた頃は常連でしたが、それが無くなってからは、休日のみの7時からの朝湯を楽しむしかありません。
 休日のみ営業開始が7時に早まっただけであり、朝湯料金ということではなく、通常料金の1000円(タオルなし)かかるのが難点です。

画像


 青空が見えて朝日がまぶしい中、7時過ぎに到着。早速温泉を楽しみました。

 先客は数人のみで、ほぼ貸切状態で温泉を楽しむことができました。

 まずは内湯に浸かります。浴槽縁に頭を載せて外を眺めていますと、朝日に照らされた木々が美しかったです。湯温は少し低めに感じました。

画像


 内湯で温まった後は露天風呂へ。朝日に照らされ、湯面がきらきらと輝き、目に眩しかったです。
 木々は落葉し、浴槽の底に落ち葉が沈んでいました。露天風呂も湯温はいつもより低めであり、注湯口で温まりました。

 この温泉は、小露天風呂に使われている1号源泉と内湯と大露天風呂に使われている2号源泉の2種類を楽しむことができます。

 1号源泉は「るりの湯」といい、ガス性除く成分総計が1379mg/kgのナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉です。2号源泉は「ひすいの湯」といい、ガス性除く成分総計が864.4mg/kgのアルカリ性単純温泉です。
 私はトロトロ感、ツルスベ感がある2号源泉の方が好きです。アルカリ性単純温泉の魅力が良く出ています。ただし、内湯は掛け流しですが、大露天風呂は循環式ですので鮮度は劣ります。

 内湯で再び温まりましたが、最初より湯温が若干上がっていて、良く温まることができました。

 湯上りには2階の休憩所で休息。

画像


 ここで、同級生とばったり。この日、この時間に、この場所で会うなんて、全く奇遇でした。

 晴れていた空に雨雲が広がり、小雨が降り出したところで退館しました。

 なお、11月26日は「イイフロの日」とうことで、柚子湯を行うそうです。

画像


 小露天風呂(るりの湯)で行うようですので、お楽しみください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
朝日を浴びて露天風呂 「ヴィネスパ」 新潟つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる