新潟つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 汚れた心身を清めるには・・ 出湯温泉「華報寺共同浴場」

<<   作成日時 : 2016/12/31 12:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年も今日でおしまいです。一年の疲れと汚れを落として新年を迎えることにしましょう。心身を清めるには、弘法大師様のお授けの湯である「華報寺共同浴場」が最適ではないでしょうか。

画像


 出湯温泉の一番奥に華報寺があります。出湯温泉は弘法大師が開いたと言われ、この華報寺も弘法大師ゆかりの真言宗のお寺として始まったはずなのですが、なぜか今は曹洞宗のお寺です。

 このお寺の境内に共同浴場がありますが、こういう立地は全国的にも珍しいのではないでしょうか。ちなみにお寺の檀家は無料で入れるという話を聞いたことがあります。

画像


 玄関先に券売機があります。大人200円、当然ながらタオルなしです。

画像


 玄関を入りますと番台があり、入浴券を渡して入館します。

 脱衣場には脱衣棚があるのみです。浴室内には3畳ほどの浴槽がひとつありますが、入浴客は途絶えることがなく、写真を撮ることができませんでした。浴室の様子は以前のブログをご覧ください。

 湯は無色透明無味無臭です。浴槽の底から大量に噴き上がり、浴槽縁からザバザバと掛け流されています。男女の仕切りの所に岩組があり、そこから飲泉用の源泉が流されています。岩組のてっぺんには弘法大師像が祀られており、浴室内を見下ろしています。

 浴室内には洗い場が一カ所ありますが、シャワーはなく、石鹸類もありません。ここは湯にじっくりと浸かり、瞑想にふける場であり、洗髪したり、体を洗ったりするのは邪道です。

 源泉名は出湯温泉漲泉窟。泉質は単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉)。源泉温度37.7℃、PH 8.4、湧出量220L/分(動力)、ガス性除く成分総計は390.1mg/kg(平成26年9月2日分析)です。療養泉の基準には足りませんが、ラドンを14x10-10Ci/kg(3.85マッヘ単位/kg)含みます。この源泉は独自源泉であり、温泉街の旅館とは別の源泉です。

 湯温はぬるめですが、じっくりと浸かっていますと、体の芯から温まってきます。大量掛け流しですので鮮度は高く、体中に細かな泡付きがあります。

 湯の鮮度の良さは何物にも代えがたい魅力であり、喜びです。静かな温泉街の最奥。お寺の境内というロケーション。地元民で賑わう素朴な温泉。新潟の温泉遺産として後世に伝えたい温泉です。

 この共同浴場の前には、木造3階建ての清廣館があり、風情ある佇まいをみせています。

画像


 出湯温泉にはほかにも出湯温泉共同浴場があり、そちらも賑わっています。足湯もありますし、人気のパン屋さんもあります。静かな温泉街を歩くのも魅力です。

 今年の温泉巡りもこれでおしまいです。来年が良い年となりますように・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
汚れた心身を清めるには・・ 出湯温泉「華報寺共同浴場」 新潟つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる