新潟つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼岸入り 椿の花咲く露天風呂 今日は「ざぶーん」でひと休み

<<   作成日時 : 2017/03/18 23:08   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 まだ気候は落ち着きませんが、彼岸を迎え、春の訪れを実感するようになりました。
 今日は聖籠方面に行く用事があり、3月末が期限の割引クーポンを有効に使うべく、聖籠観音の湯「ざぶーん」に行って来ました。

画像


 通常料金はタオルセット付750円ですが、割引クーポンを利用して300円引きの450円で入館しました。

画像


 今日の男湯は左側の聖の湯でした。タイミング良く混み合うことなく、各浴槽とも独り占めでき、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

画像


 浴室にはもうもうと湯気が立ち込めていました。

画像


 露天風呂は熱めで、私好みの温度。他に客はなく、浴槽は独り占めでした。湯に浸かりながら庭の景色を眺めていましたら、真っ赤な椿の花がきれいに咲いていました。

画像


 源泉名は聖籠町観音の湯。泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉。源泉温度50.6℃、湧出量135L/分(動力)。主な成分(イオン濃度:mg/kg、平成20年6月17日分析)は、Li 2.8、Na 11070、K 131.7、NH4 125.0、Mg 84.5、Ca 336.0、Sr 5.4、Ba 2.1、Fe(II) 1.9、F 0.2、Cl 17180、Br 115.3、I 72.1、SO4 9.5、HPO4 2.3、HCO3 1137、メタケイ酸 101.6、メタホウ酸 257.0、遊離CO2 120.4、など、ガス性除く成分総計は30640mg/kgです。
 ヨウ素イオンを72.1mg/kg含みますので、2014年7月1日付の新しい療養泉の基準によれば、含ヨウ素-ナトリウム-塩化物強塩温泉となります。
 その他、アンモニウムイオン、臭素イオンを多量に含み、独特の臭気を醸し出しています。炭酸水素イオンの豊富さも特筆できます。

画像


 実際の湯は淡黄色透明で、揮発性の臭気があり、当然ながらなめるとしょっぱいです。

画像


 若干のツルスベ感もあります。ちょっとベタツキ感がありますので、軽く上がり湯をすることをお勧めします。

 風呂上がりに食事。絶品極旨刺身御膳(税別1180円)をいただきました。

画像


 何だか仰々しい名前ですが、普通の刺身定食です。絶品極旨かはわかりませんが、美味しくいただきました。

 下越海岸部に連なる強塩泉群のひとつであり、個性的な泉質で、オープン以来のファンです。何だかんだで、このところ毎月行っています。料金も手ごろですし、食堂のメニューもまずまず。好きな施設です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
彼岸入り 椿の花咲く露天風呂 今日は「ざぶーん」でひと休み 新潟つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる