新潟つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新年はやはり・・ 「西方の湯」

<<   作成日時 : 2018/01/03 13:22   >>

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

 毎年元日の朝は初詣も兼ねて胎内市の「西方の湯」へ行くのを常とし、新年の一番乗りを目指していたのですが、今年は元日、2日と仕事が入ったため、新年の初湯を逃してしまいました。でも、やっぱり「西方の湯」に行かないと私の新年は始まりません。

 ということで、ちょっと遅くなってしまいましたが、「西方の湯」に行って参りました。

画像


 例によって広々とした大駐車場には車はなく、訪れる者を拒むような静寂が漂っています。親鸞聖人像前の門は改修工事でもしているようで、足場が組まれていました。

画像


 まずは親鸞聖人にお参りし、家内安全を祈願しました。これが初詣代わりです。蛇足ですが、この親鸞聖人像は「西方の湯」の親父さんに良く似ていると思いませんか。

 
画像


 さて、お参りを終えて、玄関へ回って入館することにしましょう。

画像


 入館料は大人500円、小人300円、営業時間は10時から20時まで、定休日は火曜日と掲示されています。

 スリッパに履き替えて受付へ。

画像


 いつもながら館内は暗く、人影がありません。呼び鈴を鳴らしても出てくる気配もなく、大きな声で呼んで、ようやく奥から親父さんが出てきて、500円払って入館しました。

画像


 雑然とした館内は相変わらずです。

画像


 長い廊下を歩いた突き当りに浴室があります。

画像


 予想通りに浴室には誰も客はなく、少し開いた窓から寒風が脱衣場に吹き込んでいました。

 浴室に入りますと、もうもうとした湯気が充満しています。

画像


 熱めの大浴槽から小さな浴槽に湯は流れ込み、ここからオーバーフローされており、掛け流しになっています。

画像


 ほかに水風呂があります。

画像


 外には露天風呂がありますが、夏季のみ利用できます。

 湯は熱く、体感で44℃くらいでしょうか。

画像


 大浴槽の隅に注湯口があり、かなり熱い源泉が注がれています。

画像


 茶褐色で混濁した湯は、ヨウ素臭、アンモニア臭が入り混じった臭気を呈し、なめれば塩辛いです。始めは熱くて大変ですが、肌になじむと心地よく感じられ、長く浸かることができます。でも、調子に乗って浸かりすぎますと確実にのぼせてしまいますので、ご注意ください。

 源泉名はN12-2、泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉、源泉温度60.7℃、PH 7.5。ガス性除く成分総計は35920mg/kgと濃厚です。
 もともとヨウ素を採取するための工業用の温泉であり、ヨウ素イオンを82.5mg/kg含むほか、臭素イオンを129.2mg/kg、アンモニウムイオンを180.2mg/kg含み、独特の臭気を生み出しています。

画像


 窓の外には遠く日本海が臨めます。

画像


 露天風呂にお湯はなく、寒々とした風景です。

 しばらく浴室を独占し、疲れた心身をリセットしました。イメージソングまで作られたかつての「伝説の黒湯」のようなインパクトはなくなりましたが、現状でも個性的な湯であり、野性味を感じさせる魅力あふれる温泉です。

 脱衣場でクールダウンしていましたらと、ようやく次の客が来られました。

画像


 館内には、一応休憩室があり、その気になれば休むことができます。他に荒れ果てた部屋がたくさんあり、かつての栄華が思い起こされます。
 昔は左側の廊下に屋台村があって、中央の大広間で休憩した思い出もあります。2階で宿泊もできるそうですが、泊まったことはありません。

 年初のほか、年に何度か来ないと禁断症状が出てくる魅力あふれる温泉です。初心者は入りにくいかもしれませんが、一度体験すれば怖くはありません。館内の不気味さも含めて「西方の湯」の魅力です。皆様方も是非お立ち寄りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
新年はやはり・・ 「西方の湯」 新潟つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる