新潟つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 弥彦温泉「おもてなし広場」 再び

<<   作成日時 : 2018/04/08 07:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週のブログで弥彦温泉に3月30日にオープンした「おもてなし広場」の紹介をしましたが、その時は開業時間前で足湯に湯が張られていませんでしたので、出直して行ってきました。

画像


 桜が一気に満開となり、お花見には最適な週末になったのですが、天候に恵まれず、冷たい雨が降り続いています。今を盛りに咲き誇る桜がかわいそうですね。

 「おもてなし広場」は、弥彦駅近くの温泉街の入り口にあり、広場を取り囲むようにして、農産物直売所、フードコート、チャレンジショップ、喫茶店、農産物等加工施設などが配置され、軒先に源泉掛け流しの足湯が2ヶ所と手湯があります。
 弥彦村が税金を投入してオープンさせた最新の施設なのですが、直売所はかなり狭く、品揃えも多いとはいえません。フードコートも、フードコートと称するには小規模で、うどんと串焼き程度しかなく、寂しい気がします。団体客が来たら混乱しそうであり、観光用として売り出すには中途半端かもしれません。

 それはさておき、せっかくの週末ながら天候が災いしてか、客足も多くないようでした。それでも農産物の直売所やフードコートは賑わいをみせていました。

 さて、広場を挟んで左右に足湯がありますが、人ごみが少なく、ガラス戸のある右側の足湯が利用しやすく、賑わっていました。

画像


 続いて左側の直売所前の足湯。

画像


 左右ともに細長い足湯で、一方の端にある注湯口から無色透明無味無臭の湯が注がれ、反対側の端から掛け流されています。

画像


 そして、手湯。

画像


 先週も記載しましたが、源泉名は湯神社温泉。泉質はアルカリ性単純温泉です。PH 8.6。源泉温度46.7℃。湧出量467L/分(動力)。主な成分(イオン濃度:mg/kg、平成28年9月30日分析)は、Na 75.0、K 1.1、NH4 0.2、Ca 29.4、Sr 0.3、F 3.0、Cl 25.5、Br 0.1、I 0.1、SO4 156.6、HPO4 0.3、HCO3 6.1、CO3 16.2、メタケイ酸 46.9、メタホウ酸 2.2 など、ガス性除く成分総計は363.0mg/kgです。

 源泉は無色透明無味無臭で、加水なし、加温なし、循環なし、入浴剤なし、塩素消毒なしで、掛け流しですが、飲用はできません。
 自己責任で飲んでみましたが、無味でした。湯温は私の体感で40℃くらいでしょうか。

画像


 タオルは直売所で100円で販売されています。

 桜の名所の弥彦公園のすぐ近くにあり、花見帰りに立ち寄るには好都合と思います。ただし今週末は天気に恵まれず、肌寒さを感じて、花見気分でないのが残念です。

画像


 満開の桜が寒風に吹かれて寒々としていました。

 早く天気が回復しますように・・・。そして、「おもてなし広場」が賑わいますように・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
弥彦温泉「おもてなし広場」 再び 新潟つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる