新潟つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アヒルに囲まれ幸せ 今日は「女池湯ったり苑」

<<   作成日時 : 2018/06/03 22:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 温泉に行く余裕がなく、近くで手軽に入浴を楽しむみたいときは、「湯ったり苑」が便利です。
 いつもは家から歩いて行ける「槙尾湯ったり苑」ですが、ちょっと飽きましたので、今日は家内のリクエストで、久しぶりに「女池湯ったり苑」に行って来ました。
 「槙尾」なら家から歩いて行って、湯上がりの生ビールを楽しめるのですが、じっと我慢です。

画像


 日曜日の夕方ですが、それほどの混みようでもありませんでした。

 某スーパーのサービス券を利用して入館。1000円分の券が必要ですので額面上は損になるのですが、もともともらった券ですので、良しとしましょう。

 新潟市内に3館ある「湯ったり苑」の中で、最も古く、ちょっと狭いのが「女池」であり、「槙尾」の開業までは、ここがホームグランドでした。子供が小さいときに連れてきていたことを思い出します。

 脱衣場に行きますと、垢すりの受付で熟女が椅子に座って脱衣場を見渡していましたので、貧弱な愚息をタオルで隠して浴室に入りました。

 浴室には掛け湯、マッサージ風呂や寝湯なども備えた大浴槽と、替わり湯の小浴槽、腰掛け湯、水風呂などがあり、コンパクトな中にも十分な設備が備わっています。サウナも低温サウナと高温サウナの2種類備わっているのは素晴らしいです。

 外には露天風呂があり、湯滝や洞窟風呂もあって楽しめます。露天風呂の小浴槽と2つの壺湯は人工温泉になっていて、今日の湯は「箱根の湯」でした。

画像


 アルカリ性の泉質とのことですが、無色透明無味無臭で、ありがたみが感じられません。ここは信じることが大事であり、温泉だと思って入浴していますと効能を感じてくることでしょう。

 さて、標題のアヒルの件ですが、内湯の変わり湯が「アヒル風呂」でした。浴槽いっぱいに大小の黄色いアヒルが浮かんでいて、アヒルをかき分けるようにして入浴しました。
 アヒルがいるといっても泉質が変わるわけでもなく、新たな効能があるわけでもないですが、何か楽しいですね。こういうことこそ効能かもしれませんね。

 湯上りには食事。

画像


 今夜は野菜炒め定食。620円は安いと思います。

 新潟市内の3館の「湯ったり苑」はそれぞれ個性があって良いですね。女池は狭いスペースに多彩な浴槽が効率よく配置されていて、なかなか良くできていると思います。たまに来ますと新鮮さも感じます。

 天然温泉に越したことはないのですが、スーパー銭湯でも十分楽しめてしまう自分は、只に風呂好きで、やはり「温泉マニアにはなれないことを実感しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
アヒルに囲まれ幸せ 今日は「女池湯ったり苑」 新潟つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる