美味! “薬師のミネラルカルピス” 「だいろの湯」

 新潟市の西蒲区の多宝温泉「だいろの湯」に飲泉所ができた話題につきましては、先日のブログで紹介させていただきましたが、実際にどうなのかを確かめるべく、早速行ってまいりました。 玄関のすぐ左側の、車いすのスロープにつながる部分に飲泉所が作られていました。 玄関の外にありますので、入館しなくても無料で利用が可能です。  ということで、入館…

続きを読むread more

おかげさまで 24周年 !

 このブログの親サイトである「にいがたB級情報ファイル」、そして、そのメインである「新潟県内日帰り温泉おすすめ情報」は、1996年10月23日に開設し、本日めでたく24周年を迎えることができました。これも皆様方のあたたかいご支援の賜物であり、心より感謝申し上げます。 そもそもは職場のホームページを作成した際に、個人としてのホームページも…

続きを読むread more

「だいろの湯」飲泉所オープン!

 新潟県第2位、全国でも屈指の硫黄分を誇る多宝温泉「だいろの湯」。日帰り温泉としましては、新潟県内でもトップクラスの集客を誇る人気施設です。 私も2001年11月22日のオープン以来といいますか、オープン前の源泉垂れ流し時代からのファンです。その後の変遷を共に歩み、おのずとこのブログでの登場回数も多くなっています。 当初は1号源泉のみが…

続きを読むread more

“竹灯籠風呂” に “もみじ風呂” 「じょんのび館」で癒しの時間

 新潟市西蒲区の「じょんのび館」。指定管理者が変わってから新機軸が打ち出され、さまざまなイベントが行われているほか、システムも大きく変更されました。先月も紹介したばかりですが、新しい方式になった現状をご紹介したいと思います。 駐車場に車をとめて玄関に向かいますと、賑やかな掲示があります。 玄関を入って手を消毒し、右手の下足箱へ。 以前も…

続きを読むread more

イルミネーション輝く 月岡温泉・足湯「湯足美」

 「ほうづきの里」からの帰り道、温泉街の広場にある足湯「湯足美」の前を通りますと、イルミネーションがきれいに輝いていました。 通り過ぎるはずでしたが、美しい光の演出に思わず足を止めてしまいました。 正面の演舞場「月見台」のライトアップされた和傘のほか、ハロウィンにちなんだイルミネーションがきれいでした。 数組の客が足湯を楽しんでおられま…

続きを読むread more

月岡温泉独り占め 閉館間際の「ほうづきの里」

 10月も半ばが過ぎ、朝の最低気温は10℃を下回り、肌寒さを感じるようになりました。気温の変化に体も付いていけず、体調管理にも苦労します。冷えた体、冷えた心を温めるには、やっぱり温泉ですよね。 ということで、先日仕事帰りに月岡温泉に行ってきました。先週は「美人の泉」でしたので、今週は「ほうづきの里」です。前回行ったのは7月でしたので、3…

続きを読むread more

ちょっと混んでた 「白根温泉」

 10月も中旬となり、すっかりと涼しくなりました。ますます温泉が恋しい季節になりましたね。とはいえ遠出はできず、家から近い温泉で我慢しましょう。 私の家から近い温泉はいろいろいろありますが、「ヴィネスパ」や「じょんのび館」ばかりでは面白くないですので、今回は「白根温泉・関根旅館」にしました。コロナ騒ぎが本格化する前の3月に行って以来、7…

続きを読むread more

硫黄泉が恋しくて・・ 月岡温泉「美人の泉」

 10月になり、一気に秋も深まりました。わずか1ヵ月前の猛暑が嘘のようです。阿賀野市の瓢湖や新潟市の佐潟には白鳥が飛来し、いよいよ季節は冬へと向かっていきます。日も短くなり、心も沈みがちです。 こんな冷え込んだ心を癒し、温めるには、温泉が一番です。温まりからいえば、濃厚な強塩泉、そして血管拡張作用の強い硫黄泉が良いですね。 新潟で濃厚な…

続きを読むread more

10月もやってます。平日夜間割引600円。「花水」

 ネタ切れの今週の話題は、先月に引き続いて、再び新潟市秋葉区の秋葉温泉「花水」です。 「花水」は、7月27日から8月末までの期間限定で、平日17時から600円(タオルなし)の夜間割引をやっていましたが、好評のため、9月末まで期間が延長されました。そして、さらに10月も継続するとのメールが届きましたので、さっそく金曜日の夜、「花水」に行っ…

続きを読むread more

露天風呂にクマ! 「御神楽温泉」

 今週はショッキングなニュースがありました。阿賀町の御神楽温泉「小会瀬」の露天風呂付近でクマが出てけが人が出ました。 9月30日付の新潟日報記事によりますと、9月28日午後8時過ぎ、温泉旅館「小会瀬」の敷地内で、宿泊客2人を露天風呂に案内していた女性従業員が、体長1mのクマに襲われて負傷したとのことです。宿泊客にはけがはなかったそうです…

続きを読むread more

アヒル風呂を楽しむ 「極楽湯 女池店」

 所用の合間、ちょっとだけ時間が空きましたので、極楽湯女池店に行って来ました。 新潟市に3館ある極楽湯の中で、一番古く、一番コンパクトなのが女池店です。 他店同様に「鬼滅の刃」のキャンペーンをやっており、のぼりが立っていました。 日曜日の昼下がり、なかなかの賑わいでした。ホンマ健康ランドがなくなって、中央区の温浴施設は、銭湯やホテルを除…

続きを読むread more

営業日限定で営業中 「加茂 美人の湯」

 「加茂 美人の湯」は、2002年11月に開業しましたが、公共の日帰り温泉らしからぬ豪華な造りが魅力です。 しかし、濃厚な源泉が災いし、源泉のトラブルが多く、維持管理に莫大な経費が掛かり、入館者数の減少と相まって、2004年度から16年連続の赤字を計上しています。 さらに、源泉の維持管理に必要なやぐらが、老朽化して倒壊する危険があるため…

続きを読むread more

塩風呂やってます。 そしてスタンプカード 「極楽湯 槇尾店」

 シルバーウィークも今日で終わりですが、皆様方は温泉をお楽しみでしたでしょうか。今日は温泉ネタが尽きましたので、スーパー銭湯の話題です。 本日は遠出はできず、近所の「極楽湯 槇尾店」に行ってきました。 開店早々の10時過ぎに訪問。 券売機で入浴券を購入。休日料金は680円ですが、割引クーポンを利用して630円で入館しました。 開店早々の…

続きを読むread more

敬老の日は、超長生き風呂 「じょんのび館」

 今日は敬老の日。天候に恵まれ、気温もほどほどで、過ごしやすい秋晴れになりました。 ゴミ出しをし、庭の草取りをして疲労が溜まりましたので、ゆっくり昼食を摂った後「じょんのび館」に行ってきました。 入館料は、タオルセット付きで800円。館内着は100円です。 早速浴室へ向かいました。浴室の様子や泉質については、これまでに何度も紹介していま…

続きを読むread more

三島温泉「喜芳」でひと休み 掛け流しを楽しむ

 昨日は、長岡方面に行く用事があり、昼食がてらに、久しぶりに「喜芳」に寄って来ました。2019年10月以来ですので約1年ぶりになります。 いつものように、国道116号線で分水まで行き、大河津分水を渡って左折、信濃川の堤防沿いに南下し、与板市街を抜けて三島市街へと進み、快適なドライブで到着しました。 玄関前の大蛙「湯喜之助」君に挨拶して玄…

続きを読むread more

硫黄泉を満喫 咲花温泉「柳水園」

 新潟で硫黄泉といえば、全国屈指の硫黄分を誇る月岡温泉や多宝温泉が思い浮かびますが、咲花温泉も忘れることはできません。 先日、硫黄泉が恋しくなり、仕事帰りに、しばらくぶりに咲花温泉に浸かってきました。 咲花温泉は2017年7月に、「碧水荘」と「一水荘」に続けて宿泊して以来ご無沙汰してしまい、3年ぶりになります。 咲花温泉に数ある旅館の中…

続きを読むread more

八木ヶ鼻を独り占め 「いい湯らてい」

 先日、思い立って、久しぶりに三条市の八木ヶ鼻温泉「いい湯らてい」に行って来ました。2017年6月以来3年振りになりますので、随分とご無沙汰してしまいました。 三条市街から国道289号線を下田方面に車を進め、そのまま道なりにひたすら進みますと、八木ヶ鼻が見えてきます。200mに及ぶ垂直に切り立つ断崖絶壁は壮観です。この 八木ヶ鼻 を左に…

続きを読むread more

あがの姫牛を食す 安田温泉「やすらぎ」

 仕事帰りにしばしば利用している阿賀野市の安田温泉「やすらぎ」ですが、昨夜も夕食も兼ねて行ってきました。 土砂降りの雨の中、「やすらぎ」に到着。 入館前に、玄関前に増設された手洗い場で手を洗いましょう。このB級の雰囲気が魅力です 玄関では招き猫が迎えてくれます。 夜間割引600円(タオルセット付)で入館。 浴室に向かい、さっそく入浴を楽…

続きを読むread more

秋の虫を聴きながら  露天風呂独り占め「花水」

 台風9号のフェーン現象で、新潟県内は猛暑に見舞われ、三条では9月では全国一の40.4℃を記録しましたが、今度は台風10号のフェーン現象で、再び猛暑になろうとしています。 連日の猛暑で体も心も疲れきっていますが、こんなときは温泉が癒してれます。 ということで、一昨日の金曜日に、秋葉区の「花水」に行って来ました。ついこの間記事にしたばかり…

続きを読むread more

タオルセット有料化! 「さくらんど温泉」

 9月に入ってもフェーン現象による猛暑続きで、うんざりな毎日です。温泉にでも行かなければやってられませんね。 そこで、先日仕事帰りに、五泉市の「さくらんど温泉」に行って来ました。6月以来、2ヶ月ぶりです。 仕事を終えて、国道49号線から五泉方面に進み、阿賀野川を渡って論瀬交差点を左折。いつもの信号のない農道経由で、たいして時間もかからず…

続きを読むread more

夏季限定の露天風呂を楽しむ  暑い夏こそ「西方の湯」

 胎内市の海岸部にある「西方の湯」は、通い始めて20年以上になります。この間いろんなことがあり、その変遷を見守ってきました。 毎年新年の一番湯はここですし、年に何度かは行っているのですが、今年は正月以来行っていませんでした。現在夏季限定の露天風呂をやっていることもあり、久しぶりに行ってきました。With コロナになってからは初めてです。…

続きを読むread more

海に沈む夕日を見ながら 「雪割草の湯」

 先日は柏崎に行く用事があり、その帰りに大崎温泉「雪割草の湯」に寄ってきました。前回行ったのが昨年6月でしたので、久しぶりになります。 この温泉は、以前は山側にあったのですが、2006年4月29日に、海岸の国道沿いに移転・新築オープンしました。柏崎市長らによる開業のテープカット直後の1番湯をいただいたのが自慢ですが、誰も褒めてくれません…

続きを読むread more

蝉しぐれを聞きながら 今夜も飽きずに「花水」 

 今月末までの期間限定の夜間割引を利用すべく、飽きずに秋葉温泉「花水」に通っています。先日紹介したばかりですが、ネタ切れになりましたので、またの登場をお許しください。 金曜日の夕暮れ時、仕事を終えて「花水」に到着。いつものように観音様に一礼して玄関へ向かいました。 通常料金はタオルなし800円ですので、夜間割引の600円は利用しやすくて…

続きを読むread more

さすがに温泉 侮れず 「馬下保養センター」

 先日、仕事帰りに五泉市の「馬下保養センター」に行ってきました。今年の5月以来ですので、3ヶ月ぶりです。  国道49号線から馬下橋を渡って対岸へ。すぐに左折しますと咲花温泉ですが、少し直進して左折し、磐越西線の踏み切りを渡ってしばらく進み、案内板に従って左折。少し進んで左折し、坂道を上って進んだ突き当りの左側に「馬下保養センター」があ…

続きを読むread more

雨の朝湯を楽しむ 今朝は「ヴィネスパ」

 今日でお盆休みも終わりです。皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。今年は“特別なお盆”となり、帰省されたり、旅行に出かけたりした方は少なかったのではないでしょうか。私もどこに行くでもなく、近隣の温泉で癒しております。 ということで、今朝は「ヴィネスパ」の朝湯を楽しんで来ました。5月に来て以来3ヶ月ぶりになります。 ゆっくりと新聞を読…

続きを読むread more

夏といえば 冷やし足湯 「酒呑童子の湯」

 燕市の国上山の麓にある道の駅国上の裏に「酒呑童子の湯」という無料の足湯があります。  “コロナ休み”を明けて、6月2日より再開されています。 月曜日は休館ですが、火曜から日曜までの10時から17時30分まで無料で利用できます。 2005年10月23日にオープンしましたが、裏の高台にある日帰り温泉「てまりの湯」で使用されている源泉(長…

続きを読むread more

半年ぶりに「さくらの湯」 掛け流しを楽しむ

 昨日はお盆休みをいただき、両親・兄の墓参と、ペット霊園のお参りを済ませた後、弥彦村の弥彦桜井郷温泉「さくらの湯」に行ってきました。 ここは、4月13日から“コロナ休み”に入り、5月16日より営業を再開しました。再開初日に行ってみたのですが、入館制限が行われていて利用を断念しました。その後行く機会がなく、今年の2月以来半年ぶりの利用にな…

続きを読むread more

日本名湯めぐり 「極楽湯 松崎店」

 長い梅雨が明け、真夏の太陽が照りつけたと思ったのもつかの間で、今週末は天候がすぐれず、雨が降って気分もさえません。 こんなときは温泉で癒すしかありませんが、所用があって遠出はできず、近くで我慢することにして、今回は「極楽湯松崎店」に行って来ました。 全国展開する「極楽湯」は、新潟市内に3館の直営店がありますが、その中で、一番広くてゆっ…

続きを読むread more

安田温泉「やすらぎ」で "ゆたからサーモン" を食す

 先日は、暑い夏こそ熱い温泉ということで、胎内市の「塩の湯温泉」に行って来ましたが、今度はぬるい強塩泉ということで、「安田温泉 やすらぎ」の話題です。 ぬるい強塩泉といえば、かつて新発田市に「天神の湯」がありましたが、閉館して久しくなり、新潟市近郊では阿賀野市の「やすらぎ」ということになります。 毎年この時期になりますと「ぬるめの強塩泉…

続きを読むread more

今なら夜割600円 秋葉温泉「花水」

 秋葉温泉「花水」は、7月27日から8月31日まで、平日限定で18時から夜間割引(600円)をやっています。 お盆期間の8月10日(月)〜8月14日(金)は割引き対象外ですのでご注意ください。 5月に長期休館する前には、平日17時からタオルセット付で500円という夜間割引をやっていましたが、これに比べますと、今回のタオルなし600円とい…

続きを読むread more

「紫雲の郷」で強塩泉を楽しむ

 先日「塩の湯温泉」に行ってきましたが、そこからの帰り道、そのまま帰れないのが温泉好きの悪いところ。帰り道に通過する「紫雲の郷」に寄ってしまいました。昨年の夏以来1年ぶりになります。 広大な県立紫雲寺記念公園内に「紫雲の郷」があります。 玄関前にはこんな看板が掲げられています。 ここまで大きな看板は珍しいのではないでしょうか。そういう人…

続きを読むread more

暑い夏こそ「塩の湯温泉」

 梅雨前線が活動を続け、雨が降りしきるなか、先日久しぶりに胎内市の「塩の湯温泉」に行って来ました。 「暑いときこそ熱い温泉」ということで、これまで何度も記事にしていますが、今年も熱い温泉が恋しくなってしまいました。 新型コロナでストレスがたまり、ステイホームでなまった体に渇を入れるためには、熱くて強烈な温泉がいいですね。 熱い温泉と言え…

続きを読むread more

「湯朱印帳」ってなに?

 新潟浴場組合(新潟県公衆浴場生活衛生同業組合/新潟市公衆浴場協同組合)は、令和2年8月1日から令和3年7月31日までの1年間に渡って、「湯朱印帳」という銭湯めぐりイベントを開催するそうです。 各銭湯で「湯朱印帳」を100円で販売し、新潟県内18軒(うち新潟市内12軒)の銭湯を巡ってスタンプを集めると、新潟市内12軒達成時と新潟県内18…

続きを読むread more

不感温度風呂にハッカ水風呂 「極楽湯 槇尾店」

 4連休も終わりですが、いかがお過ごしでしたでしょうか。梅雨空で気分もすぐれず、出かける元気がないときは、スーパー銭湯で我慢しましょう。 ということで、今回は家から近い「極楽湯 槇尾店」です。変わったイベントをやっているようですので、行ってみることにしました。  玄関前にはアニメキャラクターののぼりが多数立てられており賑やかです。何事…

続きを読むread more

久しぶりの 「ミオンなかさと」

 「竜神の館」からの帰り道、久しぶりの長距離遠征ですので、もうひとつ寄って帰ろうということで、久しぶりに宮中島温泉「ミオンなかさと」に寄ることにしました。前回来たのは2013年9月でしたので、7年ぶりになります。 ここは2005年4月に合併により十日町市になった旧中里村が建設した温泉総合保養施設で、1996年7月18日にオープンしました…

続きを読むread more

期間限定営業中 竜ヶ窪温泉「竜神の館」 独占入浴を堪能

 津南町の竜ヶ窪温泉「竜神の館」は、平成9年にオープンし、津南町が53%出資する第三セクター「竜ヶ窪温泉」が運営してきました。 私の子供が小さい頃は、ドライブがてらにしばしば訪れ、我が家にとっても思い出深い温泉です。私のホームページにここの写真を載せていますが、そこに写っている子供は私の末娘です。 奇抜な外観や大きな露天風呂など、大変魅…

続きを読むread more

「だいろの湯」独り占め  泡付きも堪能

 先日の土曜日の昼前に、新潟市西蒲区の多宝温泉「だいろの湯」に行って来ました。前回来たのが3月でしたので、4ヶ月振りで、コロナ休館明け後は初めてになります。 駐車場はいつもより空いていました。下足箱に靴を入れ、880円払って入館。コロナ対策で、タオルバックはなく、むき出しのタオルセットが渡されました。 浴室は空いており、浴室の戸を開けま…

続きを読むread more

掛け流し最高! 新発田温泉「あやめの湯」

 先日新発田方面に行く用事があり、ついでに新発田温泉「あやめの湯」に寄ってきました。前回行ったのが昨年11月でしたので、随分とご無沙汰してしまいました。 新発田市の中心部からほど近く、国道7号線からすぐであり、アクセスは良い場所です。 平日夜で、駐車場には数台の車のみで、かなり空いていました。 閉鎖されたままの足湯を横目に玄関へ。 コロ…

続きを読むread more

8月1日より営業日限定で再開!「加茂 美人の湯」

 「加茂 美人の湯」は3月3日から新型コロナウイルス感染のため営業休止し、その後も営業再開しないまま現在に至っています。 以前のブログに記しましたように、「加茂 美人の湯」の源泉の維持管理には多額の経費がかかり、入館者数の減少と相まって、2004年度から16年連続の赤字を計上しています。 今年度はこのまま営業しない方が4,060万円も赤…

続きを読むread more

温泉サブスク?  弥彦温泉「四季の宿みのや」

 サブスク=サブスクリプションは、定額料金で一定期間サービスを受けられるというものですが、今朝の新潟日報に、弥彦温泉の「四季の宿みのや」が「温泉サブスク」を始めたとの記事がありました。 サブスク会員になると、5,000円(税込)で2か月間、館内の大浴場の温泉を回数無制限で利用することができるというものです。 利用時間は、午前5時~午後4…

続きを読むread more

7月15日営業再開! かのせ温泉「赤湯」

 長らく休業していた阿賀町の「かのせ温泉 赤湯」が、阿賀町の直営で7月15日から営業再開しました。その記事が今朝の新潟日報に出ていました。 「赤湯」のほか、隣接するキャンプ施設「角神湖畔青少年旅行村」も、阿賀町直営で同時に営業再開し、予約の受付を開始しました。 入浴料は、大人500円、小人300円。営業時間は午前10時~午後7時30分(…

続きを読むread more

久しぶりの 宝珠温泉「あかまつ荘」

 阿賀野市の宝珠温泉「あかまつ荘」は、通常料金500円ですが、夜間割引は300円と格安であり、スタンプ10個で1回無料(入湯税100円要)のポイントカードも魅力です。仕事帰りに手軽に気軽に利用できて重宝している温泉です。 しかし、コロナ騒ぎの中で、すっかりご無沙汰してしまいました。温泉の周囲には桜が植えられており、毎年満開の桜が迎えてく…

続きを読むread more

線香香る露天風呂 「百花の里 城山温泉」

 先日、某所での会議が予定より早く終了して時間が空きましたので、ひと風呂浴びて帰ることにしました。 今回選んだのは新発田市の「百花の里 城山温泉」です。ここは1998年12月23日にオープンしましたが、開業初日に利用して、生花をもらって帰ったことを良く覚えています。以来、度々利用させていただいていますが、前回来たのが2019年6月でした…

続きを読むread more

竜ヶ窪温泉「竜神の館」 期間限定で夏季営業

 津南町の竜ヶ窪温泉「竜神の館」は、平成9年にオープンした日帰り温泉施設です。津南町が53%出資する第三セクター「竜ヶ窪温泉」が指定管理者として運営してきましたが、収益の悪化により赤字が膨らみ、営業継続が困難となったため、昨年(2019年)11月21日より営業休止されました。 営業再開の見通しは立たないとのことで、そのまま閉館になってし…

続きを読むread more

月岡温泉独り占め ちょっと薄味「ほうづきの里」

 硫化水素臭とエメラルドグリーンが恋しくて、最近行ったばかりですが、再び月岡温泉に行って来ました。 先回は「美人の泉」でしたので、今回は「ほうづきの里」にしました。ここに前回行ったのは昨年春でしたので、随分とご無沙汰してしまいました。 ここの難点は、月岡温泉街の最奥にあって行きにくく、駐車場への道が狭くてわかりにくいこと。そして、閉館時…

続きを読むread more

泡付を堪能 秋葉温泉「花水」

 新潟市秋葉区の秋葉温泉「花水」は、5月の1ヵ月間、"コロナ休み"ということではなく、メンテナンスとリニューアルのためという名目で休館していましたが、6月1日にリニューアルオープンしました。 リニューアルしてどうなったのか気になって、オープン早々に行き、このブログで紹介しましたが、結局どこがリニューアルされたのかよくわかりませんでした。…

続きを読むread more

存続の危機 「加茂 美人の湯」が危ない

 加茂市の「加茂 美人の湯」は、モダンで豪華な施設と、粟ヶ岳を見ながらの入浴が格別であり、魅力ある温泉です。 この「加茂 美人の湯」に関して、7月1日の新潟日報に心配な記事が出ていました。  新潟県内では新型コロナウイルス感染は落ち着きをみせ、"コロナ休館"していた温泉施設は、ほとんど営業再開しています。 しかし「加茂 美人の湯」だけ…

続きを読むread more

展望風呂に、ツルスベの湯 「ロイヤル胎内パークホテル」

 胎内市の「ロイヤル胎内パークホテル」は、合併前の旧黒川村によって造られたリゾートホテルで、2001年春にオープンしました。 オープン当時、小さな村がこれだけのリゾート開発をしたことが全国でも話題になりました。 その特徴ある豪華な外観は、ヨーロッパのお城を見るかのようであり、なかなか魅力的です。 かつて隣には、国民宿舎の「胎内パークホテ…

続きを読むread more

さようなら 「ホンマ健康ランド」

 新潟市唯一の健康ランドとして、長らく親しまれていた「ホンマ健康ランド」が閉館するというニュースが4月13日に伝えられて、驚かれた人も多いものと思います。 私の人生にとっても思い出深い場所であり、私のこれまでの思い出は、先日のブログに書かせていただきましたが、いよいよ6月30日17時をもって閉館となります。残された時間はあとわずか。閉館…

続きを読むread more

「雪だるま温泉」再始動へ

 この度、存続が危ぶまれていた上越市安塚区の「雪だるま高原」(キューピットバレイ)の新しい指定管理者が決まり、休業中の「雪だるま温泉」が再開に向けて動き出しました。  2019年8月に、「雪だるま温泉 雪の湯」が、老朽化による設備の不具合と源泉の湯量減少のため、2020年11月末で休止されるとの発表があり、非常に残念に思い、このブログ…

続きを読むread more