寅さん完全最終本

 標題の本が小学館より出版されました。内容は、寅さんが旅して映画の舞台となった日本の各地を実際に巡って紹介するというのがメインで、内容的には新しいものはありません。これで何と3800円(税別)もします。じゃあなぜ買ったかというと、全48話予告編集のDVDが付録に付いているからです。単純に予告編が順に収録されているだけの工夫のないDVDですが、資料としては貴重です。昔寅さんのビデオを全巻セット買うと付録に付いてきたものと同様かと思います。私は高額なビデオを買ったりはできませんでしたから、予告編集だけでも手に入ってうれしいです。
 しかし、本としての内容はイマイチです。値段は高額すぎます。現在BS2で寅さん映画の連続放送がされているので、それに便乗しての出版と思われますが、NHK出版から「男はつらいよ パーフェクトガイド 寅次郎全部見せます」という内容豊富な良書が1600円(税別)で出ていますから、よほどのマニアじゃなければこっちは買わないんじゃないかと思います。たとえDVDの付録があったとしても、3800円も取るんだったらもっと内容を深めてほしかったと思います。松竹が企画協力しているはずなのに、映画の写真は明らかにビデオをキャプチャーしたことがわかる劣悪な画質。ダビングを繰り返した後のようなピンぼけ写真もあります。こんな写真を堂々と載せる度胸に感心しました。これで完全最終本とはねえ・・。たいしたもんだよ蛙のションベン。見上げたもんだよ屋根屋のフンドシ・・。結構毛だらけ猫灰だらけ、お尻の回りはクソだらけ、てなもんだ。
 とまあ、買ったのを後悔した話でした。(DVDの付録は良かったけどね。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0