2009年度東京交響楽団新潟定期演奏会

2009年度の東響新潟定期の予定が発表されましたので紹介します。

第53回:2009/4/19(日)17:00  (サントリー定期566回と同じ)
指揮:ニコラ・ルイゾッティ
メンデルスゾーン:序曲「静かな海と楽しい航海」作品27
ベートーヴェン:交響曲 第1番 ハ長調 作品21
ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 作品98

第54回:2009/6/14(日)17:00  (サントリー定期568回と同じ)
指揮:シュテファン・アントン・レック Vc:ダニエル・ミュラー・ショット
シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 作品129
マーラー:交響曲第6番 イ短調「悲劇的」

第55回:2009/9/6(日)17:00  (オペラシティシリーズ第51回と同じ)
指揮:大友直人 S:ユントゥネン、MS:コスケラ、T:ホステッカ、Br:サロマ、大塚博章
合唱:にいがた東響コーラス、合唱指揮:樋本英一
シベリウス:交響詩「フィンランディア」 作品26
シベリウス:悲しきワルツ 作品44-1
シベリウス:「カレリア」組曲 作品11
シベリウス:劇音楽「テンペスト」 作品109 (フィンランド語上演)

第56回:2009/11/8(日)17:00  (サントリー定期572回と同じ)
指揮:ユベール・スダーン Pf:ゲルハルト・オピッツ
ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 作品15
シューマン:交響曲第2番 ハ長調 作品61 (マーラー版)

第57回:2010/2/6(土)18:00  (オペラシティシリーズ第53回と同じ)
指揮:飯森範親 Pf:河村尚子 s:吉原圭子 T:高橋淳 Br:高田智宏
合唱:にいがた東響コーラス、合唱指揮:樋本英一
.モーツァルト:ピアノ協奏曲 第9番 変ホ長調 K.271「ジュノム」
オルフ:世俗的カンタータ「カルミナ・ブラーナ」

第58回:2010/3/21(日)17:00  (オペラシティシリーズ第54回と同じ)
指揮:秋山和慶 S:安井陽子 バンドネオン:小松亮太
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ 第5番
ピアソラ(小松亮太・編):リベルタンゴ
ピアソラ:バンドネオン協奏曲
ゴリホフ:3つの歌 -ソプラノと管弦楽のための
ヒナステラ:バレエ音楽「エスタンシア」 作品8


 以上のように、サントリー定期とオペラシティシリーズからそれぞれ3公演ずつ選ばれています。音楽監督(スダーン)、桂冠指揮者(秋山)、常任指揮者(大友)、正指揮者(飯森)、主席客演指揮者(ルイゾッティ)、客演指揮者(アントン・レック)が見事に配置されています。その分公演間隔がアンバランスとなっていますが、にいがた東響コーラスの参加も考えるとカルミナ・ブラーナも外せませんし、まあ、こうならざるを得ないのでしょうね。これまで東京公演の翌日に新潟定期というパターンでしたが、この原則が崩れ、第57回、第58回は東京オペラシティ公演の前日となります。また、第57回のみ土曜日の公演になりますので注意が必要です。個人的には、マーラー6番とカルミナ・ブラーナが楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)