ローマ歌劇場オペラコンサートII

2009年3月22日(日) 新潟市民芸術文化会館コンサートホール
ソプラノ:ルイーザ・チチリエッロ
テノール:ファビオ・アンドレオッティ
バリトン:レオナルド・ガレアッツィ
ピアノ:山口佳代
司会:小鉄和広
曲目
ジャコモ・プッチーニ
「ラ・ボエーム」より 
  「冷たい手よ」、「私の名はミミ」、「愛らしい乙女よ」 
「蝶々夫人」より
  「さあ座って一緒に手紙を読みましょう」、「ある晴れた日に」
(休憩20分)
「トスカ」より 
  「マリオ!」「ここだよ」、「行けトスカ」、「歌に生き愛に生き」、「星は光りぬ」
「外套」より 
  「まったく静かだ」
「西部の娘」より 
  「自由の身になり遠くへ行ったと」
「トゥーランドット」より 
  「氷のような姫君も」
(アンコール)
「ラ・ボエーム」より 
  「ミミはもう戻ってこない」
「ジャンニ・スキッキ」より
  「勝利だ!勝利だ!」、「私のお父さん」 
「トゥーランドット」より
  「誰も寝てはならぬ」

 りゅーとぴあでは毎年「りゅーとぴあオペラ劇場」と称してこれまで様々な催しを行ってきましたが、今日は昨年3月に引き続いて、ローマ歌劇場の協力によるオペラコンサートです。今年はプッチーニ生誕150周年ということで、プッチーニの6大オペラの名曲コンサートとなりました。S席エリアの両サイド、後方に空席が目立ちましたが、A席、B席エリアはかなり賑わっていました。最近のコンサートはこういうパターンが多いようです。これも不況のせいでしょうか。かく言う私もA席でしたけれど。

 お馴染みの小鉄さんの解説を交えながら演奏が進められました。前半は「ラ・ボエーム」と「蝶々夫人」からの二重唱とアリアが歌われました。後半は「トスカ」から4曲歌われた後、「外套」、「西部の娘」、「トゥーランドット」から1曲ずつ歌われました。ローマ歌劇場から派遣された3人ともすばらしい歌声で、うっとりと気持ちよく聴くことができました。
 ソプラノのチチリエッロは容姿端麗で、リリカルな歌声がきれいでした。テノールのアンドレオッティは昨年に引き続いての出演で、テノールの醍醐味を味わわせてくれました。バリトンのガレアッツイも声量豊かな力強い歌声で魅了しました。どの曲も甲乙付けがたい見事な歌いぶりで、ホールいっぱいに歌声が響き渡りました。ピアノの山口さんのすばらしさも特筆すべきでしょう。演奏もさることながら、ヴィジュアル的にもうっとりさせてくれました。
 
 このコンサートはローマ歌劇場の全面協力で企画され、イタリアの若い世代を代表する3人の歌手が派遣されたとのことです。超一流というわけではないのでしょうが、各歌手ともに十分な実力を持っており、大いに満足できました。ひつだけ難点を上げるとすると、小鉄さんの解説が単調なことでしょうか。もっと明るく、楽しそうに話してくれると盛り上がると思うのですけれど。バスの低い声で単調に話されると、暗くなってしまいます。

 ともあれ、これだけのコンサートをこの低料金で開催したというのはありがたい話です。3人の歌手はこのコンサートのためだけに来日したとのことであり、この入場料では採算は取れないだろうなあと心配になりました。(実は東京オペラの主催で、東京でもいくつかの公演があるようです。) こんなすばらしいコンサートなのに空席が多かったのは誠に残念であり、もったいなく感じました。新潟の音楽好きは何をしているんでしょうね。観客の年齢層が高く、若い人が少なかったのも残念でした。せっかくの機会ですから、たくさんの人に聴いてもらいたいものです。これからもこういう企画が続いて欲しいですね。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0