ラ・フォル・ジュルネ新潟・開幕

 ついにLFJ新潟が開幕しました。仕事を無理して切り上げ、6時半にりゅーとぴあ着。交流ステージでは敬和学園高校の混声合唱をやっていました。すばらしいハーモニーに感激。会場もたいそうな賑わい。

.
画像


 すぐに5階の能楽堂に駆けつけ、ウィスペルウェイのバッハの無伴奏チェロ組曲(1番、2番)を聴きました。ガツンと来るような、仕事帰りの疲れた体にはきつい演奏でしたが、能楽堂で聴くチェロも乙なものでした。

 終演後今度はコンサートホールへ。第13回ショパンコンクール最高位のフィリップ・ジュジアーノとカントロフ指揮シンフォニア・ヴァルソヴィアによるショパンの演奏会用ロンドとピアノ協奏曲第2番を聴きました。ピアノは良かったと思いますが、オケに締まりがないような印象があり、協奏曲としての面白味に欠けた演奏でした。アンコールに演奏したノクターン(Op15-1)は良かったです。

 これほど賑わい、これほど盛り上がるとは、関係者の方には申し訳ありませんが、意外でした。明日はもっと賑わうことでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0