100円! 「舞平清掃センター附属休憩所」

 新潟市江南区にある舞平清掃センターに併設された温浴施設です。ごみ焼却場に併設された温浴施設は多いですが、ここはし尿と浄化槽汚泥を処理する施設ですので、煙突はなく、ここにこういう施設があることは一般にはあまり知られていないように思います。

 生ごみとし尿汚泥と合わせて発酵を行い、発生したメタンガスを燃料として利用したのがこの施設で、2004年1月にオープンしました。思いついたときに何度か利用し、以前のブログにも、新潟市最安の温浴施設として紹介させていただいています。


 亀田と黒埼を結ぶ県道沿い、曽野木中学校前の信号を、亀田方面からは左折(黒埼方面からは右折)して、道なりに進みますと、左手に舞平処理場があります。

 県道1号線(新潟・小須戸・三条線)を信濃川の堤防沿いに南下し、上舞潟バス停の先を左折し、建物を目標に進んでも良いですが、曽野木中学校前からの方が行きやすいと思います。


 駐車場から少し歩いた先に玄関があります。


画像


 玄関先に、開館時間 10:00~17:00、入浴時間 11:00~16:30との掲示があります。


画像


 休館日は月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日(祝日の翌日が土曜日又は日曜日の場合は、その直近の火曜日)、12月29日から1月3日です。


 玄関を入りますと、左手に券売機がありますので、入浴券を購入し、受付に提出します。


画像


 入浴料は大人100円、小人50円、タオルなしです。オープン以来値上げされていないのは素晴らしいですね。


 下足箱に靴を入れ、スリッパに履き替えて廊下を進んだ奥にある浴室に向かいます。


画像


 脱衣場にはコイン返却式のロッカーがありますので、自由に使用します。


画像


 脱衣籠もありますので、常連さんはロッカーを使わずに脱衣籠で済ませる人もおられます。


 洗面台はシンプルですが、飲水器があります。


画像


 浴室に入りますと、大浴槽がひとつのみ。


画像


 ちょっと深めで、首までしっかりと浸かれます。温水が常に注がれ、その分はオーバーフローされていますので、掛け流しといえましょうか。


 洗い場には固形石鹸があるのみで、シャンプーはありませんので、必要な方は持参しましょう。(タオル、シャンプー、カミソリ等は購入可能です。)


画像


 窓からは坪庭が見えるのみですが、明るい浴室で気分良く入浴できます。


 舞平清掃センター附属休憩所という施設名通り、休憩用の広間があります。


画像


 館内には食堂はなく、館内での飲酒や喫煙は禁止で、ゴミも持ち帰る必要があります。


画像


 休憩用広間でひと休み。


画像


 窓からの緑がきれいで癒されます。


 設備的には十分でありませんが、100円で入浴できて、休憩もできるというのはすばらしいです。館内はきれいに管理されており、気持ち良く利用できます。


 地元の常連さん以外には知られていない施設ですが、穴場として知っておくのも良かろうと思います。



 隣には立派な舞平公園があります。


画像


 遊具も揃っていて、家族連れにも良いと思いますが、知名度が乏しく、訪れる人は少ないようです。


画像


 広場もあって、子供たちも喜ぶのではないでしょうか。


画像


 公園内の遊歩道を散歩して森林浴気分を味わいました。公園で遊んで、その後入浴して帰るというのも良いかもしれませんね。