足湯閉鎖中   新発田温泉「あやめの湯」

 今日は日曜日ですが、午後から新発田市内で仕事でした。せっかくの新発田遠征でしたので、少し早めに家を出て、ひと風呂浴びてから仕事に臨むことにしました。

 国道7号線を北上。新発田市街を抜け、羽越線の陸橋を渡り、次の交差点を案内板に従って右折し、少し進むと右手に新発田温泉があります。

DSC_6534.JPG
 隅には温泉スタンド。

DSC_6554.JPG
 そして、玄関前に無料の足湯があるのですが・・・

DSC_6535.JPG
 何とレジオネラが検出され、当分の間閉鎖とのことでした。

DSC_6553.JPG
 早い再開を期待しましょう。

 ということで、今日の話題は終わりなのですが、せっかくですので、温泉についても書きましょう。前回来たのが今年の1月でしたので、10ヶ月ぶりになります。

 入浴料は400円(タオルなし)です。

DSC_6538.JPG
 下足棚に靴を入れて入館。正面に休憩用広間があり、広間を挟んで、左が男湯、右が女湯です

DSC_6547.JPG
 脱衣場にはコイン返却式ロッカーがあり、

DSC_6544.JPG
 洗面台にはドライヤーがあります。

DSC_6545.JPG
 浴室は8角形で中央に柱があり、窓際に扇型の浴槽がひとつあるのみで、シンプルです。決して広くはないのですが、大きなガラス窓で、明るく解放感があります。

 洗い場は仕切りなしで、壁際に8ヶ所ありますが、1ヶ所は使用できず、使用可能は7ヶ所でした。ボディソープとリンスインシャンプーがあります。

 浴槽には茶濁りの湯が満ちていて、隅の注湯口から注がれた源泉は、浴槽縁から掛け流されています。

 源泉名は、新発田温泉 あやめの湯。泉質は、ナトリウム-塩化物泉。源泉温度46.3℃(使用位置43.0℃)。湧出量154L/分(動力)。
 主な成分(イオン濃度:mg/kg、平成24年11月6日分析)は、Li 1.1、Na 2701、K 67.8、NH4 11.50、Mg 115.9、Ca 396.7、Sr 13.5、Mn 0.1、Fe(II) 2.4、F 2.5、Cl 3219、Br 11.6、I 2.1、SO4 116.8、HCO3 297.5、メタケイ酸 39.4、メタホウ酸 47.2、遊離CO2 49.9、など、ガス性除く成分総計は8098mg/kgです。
 加水なし(夏季は温度調整のため43℃になるように加水)、加温なし、循環・ろ過なし、入浴剤なし、塩素系薬剤による消毒あり、浴槽の換水・清掃は毎日実施、衛生検査は1年に1回実施しフロント脇に掲示とのことです。

DSC_6540.JPG
 湯はほとんど無臭ですが、塩味があり、ツルスベ感もあって浴感は良好です。湯温は高めで、温まりは抜群です。

 浴後は休憩所でクールダウン。

DSC_6549.JPG
 フルーツ牛乳がなくて、これでがまんです。

DSC_6550.JPG
 この原稿を書き終わったところで、仕事へと向かいました。

 掛け流しの素晴らしい湯。400円というのもありがたいです。国道から直ぐであり、通りすがりの利用にも便利です。皆さんもいかがでしょうか。

 なお、冬季間の開館時間変更の掲示がありました。

DSC_6551.JPG
 12月15日(日)から令和2年3月15日(日)までの期間内の日曜日・祝日は、現行では午前6時から午後9時までですが、変更後は午前8時から午後9時までとなります。
 営業開始が遅くなりますのでご注意ください。6時からの朝湯ができなくなるのは残念ですね。なお、平日は午前10時から午後9時までで、これは変更ありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い