新型コロナウイルス感染症の新潟県内の温泉への影響 第3報

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は全国的に広がり、新潟県でも新潟市を中心に患者数が増えています。
 これに伴い、公共施設の閉鎖が続き、公共の温浴施設の休館も余儀なくされています。

 しかし、長期化に伴い、一律の自粛・制限ではなく、各地域での感染状況を考慮しつつ、十分な感染予防策を講じたうえで、公共施設の再開の動きも出ています。
 県内でも温泉施設の休館継続がある一方、営業再開する施設も出ています。現在の状況につきまとめておきます。

村上市:
 勝木ゆり花温泉「ゆり花会館」、瀬波温泉「あかまつ荘」、「朝日まほろばふれあいセンター」、「朝日きれい館」、「朝日まほろば温泉スタンド」、交流の館「八幡」(日帰り入浴)、関川村にある村上市の施設である湯沢温泉「荒川いこいの家」は、3月31日まで休館延長。

関川村:
 桂の関温泉「ゆ~む」、高瀬温泉「むつみ荘」は当分の間休館中。

新発田市:
 月岡温泉足湯「湯足美」、新発田温泉「あやめの湯」、「紫雲の郷」、広域交流施設「虹の里交流館」は、3月21日より営業再開。
 豊浦福祉センター「ほうづきの里」は、4月1日より営業再開。


阿賀町:
 かのせ温泉「赤崎荘」が、3月31日まで休館中。

新潟市:
 「老人福祉センター黒埼荘」(緒立温泉)、中之口老人福祉センター「やすらぎの湯」などの老人福祉センター・憩いの家、「潟東ゆう学館」の浴室は、3月31日まで休館延長。

田上町:
 老人憩いの家「心起園」が、3月31日まで休館延長。

加茂市:
 「加茂 美人の湯」および温浴設備のある各コミュニティセンターは、3月31日まで休館延長。

三条市:
 「いい湯らてい」、「さぎの湯」は、3月20日より営業再開。

capture-20200320-115751.jpg
燕市:
 「てまりの湯」、足湯「酒呑童子の湯」は、3月31日まで休館延長。

弥彦村:
 弥彦駅前広場足湯「湯のわ」は、3月31日まで休館中。

長岡市:
 「えちご川口温泉」、越後とちお温泉「おいらこの湯」は、3月31日まで休館延長。

小千谷市:
 「ちぢみの里」は、3月25日から4月1日まで休館。(3月25日追記)

魚沼市:
 「こまみ」、「寿和温泉」は、3月31日まで休館延長。
 「神湯温泉倶楽部」は、3月20日より営業再開。

出雲崎町:
 「ふれあいの里」は、当分の間休館中。


そのほか、営業時間の短縮や休憩室の閉鎖等を行っている施設があります。

 私が把握した情報はこんなところです。漏れはあると思いますので、情報がありましたら掲示板にお寄せください。
 今後の状況で、休館の延長、営業再開が予想されますので、ご注意ください。

 発熱や感染症状があるときは利用しない、入退館時には手洗い・消毒をするなどの基本的注意を行って、楽しく温泉を利用しましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)