「だいろの湯」独り占め  泡付きも堪能

 先日の土曜日の昼前に、新潟市西蒲区の多宝温泉「だいろの湯」に行って来ました。前回来たのが3月でしたので、4ヶ月振りで、コロナ休館明け後は初めてになります。

DSC_7947.JPG

 駐車場はいつもより空いていました。下足箱に靴を入れ、880円払って入館。コロナ対策で、タオルバックはなく、むき出しのタオルセットが渡されました。

 浴室は空いており、浴室の戸を開けますと、無人の内湯浴槽が目に飛び込みました。
 おお~、独り占めだあ~! 思わず笑みがこぼれます。しめしめ。

 かけ湯をし、体を清めていざ内湯浴槽へ。微硫化水素臭のする微白濁の湯。なめてみますと、硫黄味のほかに、塩味がいつもより強く感じました。まるで3号源泉です。2号源泉の調子が悪く、3号源泉を混ぜているんじゃないかと思われるほどでした。
 いつもの印象とは違いましたが、温泉を楽しむ上では何ら問題はなく、独り占めの湯を存分に楽しみました。

 続いて露天風呂に移動。メインの1号源泉を楽しむ前に、3号源泉の浴槽へ。ここも独り占めでした。
 無色透明ながらも塩味と軽い硫黄味がするいつもの湯です。今日の内湯は、やはり3号源泉に限りなく近かったことを再認識しました。

 そして1号源泉の大庭園露天風呂へ。全く無人の大浴槽。独り占めの入浴は至福の悦びです。淡緑色透明で、硫化水素臭が強く、塩味と硫黄味がするいつもの湯です。
 ただし、湯口からの源泉供給量がいつもより少なめで、ボコボコがなく、チョロチョロと流れる感じでした。そのためオーバーフローが少ないためか、湯面に湯垢や埃が多目に浮いていました。いつもよりツルスベ感を感じ、浴感は良好でした。
 隅にある注湯口の両サイドが私の好きな場所ですが、そこでゆったりと目を閉じて湯に浸かり、癒しの時間を過ごしました。
 ただし、目を開けると日光に輝く湯面の浮遊物が目に入り、ちょっと不快でした。

 浴槽内を移動しますと、浴槽左奥の浴槽内注湯口から細かな気泡が湧いているのに気づきました。その場所に浸かると体に無数の気泡が付着し、泡付きを楽しめました。
 3号源泉の浴槽では、左手前の浴槽内注湯口で同様の泡付きを楽しめるのですが、今回は1号源泉での泡付きも堪能できてラッキーでした。
 温泉成分なのか、ただの泡なのかはわかりませんが、前にもこのようなことがありましたが、得した気分になります。

DSC_7939.JPG

 タイミング良く、今回は3つの浴槽とも独り占めできました。泉質の良さを論じる以前に、幸せ気分を味わえて最高ですね。

 お昼をいただくため食事処に移動。 

DSC_7938.JPG

 昼時にもかかわらず空いていて、ゆったり、ゆっくりと食事ができました。

DSC_7945.JPG

 メニューは簡素化されていて、以前のような豊富さはありません。

DSC_7940.JPG

 私は冷やし中華をいただきました。

DSC_7942.JPG

 それなりに美味しかったです。庭園を見ながらひと休み。

DSC_7941.JPG

 頃合いを見て退館しました。

DSC_7949.JPG

 何だかんだで、好きな温泉です。源泉は生き物。その日、そのときで温泉の性状が異なるのが面白く、生きた温泉の楽しみです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)