「湯朱印帳」ってなに?

 新潟浴場組合(新潟県公衆浴場生活衛生同業組合/新潟市公衆浴場協同組合)は、令和2年8月1日から令和3年7月31日までの1年間に渡って、「湯朱印帳」という銭湯めぐりイベントを開催するそうです。 各銭湯で「湯朱印帳」を100円で販売し、新潟県内18軒(うち新潟市内12軒)の銭湯を巡ってスタンプを集めると、新潟市内12軒達成時と新潟県内18…

続きを読むread more

不感温度風呂にハッカ水風呂 「極楽湯 槇尾店」

 4連休も終わりですが、いかがお過ごしでしたでしょうか。梅雨空で気分もすぐれず、出かける元気がないときは、スーパー銭湯で我慢しましょう。 ということで、今回は家から近い「極楽湯 槇尾店」です。変わったイベントをやっているようですので、行ってみることにしました。  玄関前にはアニメキャラクターののぼりが多数立てられており賑やかです。何事…

続きを読むread more

久しぶりの 「ミオンなかさと」

 「竜神の館」からの帰り道、久しぶりの長距離遠征ですので、もうひとつ寄って帰ろうということで、久しぶりに宮中島温泉「ミオンなかさと」に寄ることにしました。前回来たのは2013年9月でしたので、7年ぶりになります。 ここは2005年4月に合併により十日町市になった旧中里村が建設した温泉総合保養施設で、1996年7月18日にオープンしました…

続きを読むread more

期間限定営業中 竜ヶ窪温泉「竜神の館」 独占入浴を堪能

 津南町の竜ヶ窪温泉「竜神の館」は、平成9年にオープンし、津南町が53%出資する第三セクター「竜ヶ窪温泉」が運営してきました。 私の子供が小さい頃は、ドライブがてらにしばしば訪れ、我が家にとっても思い出深い温泉です。私のホームページにここの写真を載せていますが、そこに写っている子供は私の末娘です。 奇抜な外観や大きな露天風呂など、大変魅…

続きを読むread more

「だいろの湯」独り占め  泡付きも堪能

 先日の土曜日の昼前に、新潟市西蒲区の多宝温泉「だいろの湯」に行って来ました。前回来たのが3月でしたので、4ヶ月振りで、コロナ休館明け後は初めてになります。 駐車場はいつもより空いていました。下足箱に靴を入れ、880円払って入館。コロナ対策で、タオルバックはなく、むき出しのタオルセットが渡されました。 浴室は空いており、浴室の戸を開けま…

続きを読むread more

掛け流し最高! 新発田温泉「あやめの湯」

 先日新発田方面に行く用事があり、ついでに新発田温泉「あやめの湯」に寄ってきました。前回行ったのが昨年11月でしたので、随分とご無沙汰してしまいました。 新発田市の中心部からほど近く、国道7号線からすぐであり、アクセスは良い場所です。 平日夜で、駐車場には数台の車のみで、かなり空いていました。 閉鎖されたままの足湯を横目に玄関へ。 コロ…

続きを読むread more

8月1日より営業日限定で再開!「加茂 美人の湯」

 「加茂 美人の湯」は3月3日から新型コロナウイルス感染のため営業休止し、その後も営業再開しないまま現在に至っています。 以前のブログに記しましたように、「加茂 美人の湯」の源泉の維持管理には多額の経費がかかり、入館者数の減少と相まって、2004年度から16年連続の赤字を計上しています。 今年度はこのまま営業しない方が4,060万円も赤…

続きを読むread more

温泉サブスク?  弥彦温泉「四季の宿みのや」

 サブスク=サブスクリプションは、定額料金で一定期間サービスを受けられるというものですが、今朝の新潟日報に、弥彦温泉の「四季の宿みのや」が「温泉サブスク」を始めたとの記事がありました。 サブスク会員になると、5,000円(税込)で2か月間、館内の大浴場の温泉を回数無制限で利用することができるというものです。 利用時間は、午前5時~午後4…

続きを読むread more

7月15日営業再開! かのせ温泉「赤湯」

 長らく休業していた阿賀町の「かのせ温泉 赤湯」が、阿賀町の直営で7月15日から営業再開しました。その記事が今朝の新潟日報に出ていました。 「赤湯」のほか、隣接するキャンプ施設「角神湖畔青少年旅行村」も、阿賀町直営で同時に営業再開し、予約の受付を開始しました。 入浴料は、大人500円、小人300円。営業時間は午前10時~午後7時30分(…

続きを読むread more

久しぶりの 宝珠温泉「あかまつ荘」

 阿賀野市の宝珠温泉「あかまつ荘」は、通常料金500円ですが、夜間割引は300円と格安であり、スタンプ10個で1回無料(入湯税100円要)のポイントカードも魅力です。仕事帰りに手軽に気軽に利用できて重宝している温泉です。 しかし、コロナ騒ぎの中で、すっかりご無沙汰してしまいました。温泉の周囲には桜が植えられており、毎年満開の桜が迎えてく…

続きを読むread more

線香香る露天風呂 「百花の里 城山温泉」

 先日、某所での会議が予定より早く終了して時間が空きましたので、ひと風呂浴びて帰ることにしました。 今回選んだのは新発田市の「百花の里 城山温泉」です。ここは1998年12月23日にオープンしましたが、開業初日に利用して、生花をもらって帰ったことを良く覚えています。以来、度々利用させていただいていますが、前回来たのが2019年6月でした…

続きを読むread more

竜ヶ窪温泉「竜神の館」 期間限定で夏季営業

 津南町の竜ヶ窪温泉「竜神の館」は、平成9年にオープンした日帰り温泉施設です。津南町が53%出資する第三セクター「竜ヶ窪温泉」が指定管理者として運営してきましたが、収益の悪化により赤字が膨らみ、営業継続が困難となったため、昨年(2019年)11月21日より営業休止されました。 営業再開の見通しは立たないとのことで、そのまま閉館になってし…

続きを読むread more

月岡温泉独り占め ちょっと薄味「ほうづきの里」

 硫化水素臭とエメラルドグリーンが恋しくて、最近行ったばかりですが、再び月岡温泉に行って来ました。 先回は「美人の泉」でしたので、今回は「ほうづきの里」にしました。ここに前回行ったのは昨年春でしたので、随分とご無沙汰してしまいました。 ここの難点は、月岡温泉街の最奥にあって行きにくく、駐車場への道が狭くてわかりにくいこと。そして、閉館時…

続きを読むread more

泡付を堪能 秋葉温泉「花水」

 新潟市秋葉区の秋葉温泉「花水」は、5月の1ヵ月間、"コロナ休み"ということではなく、メンテナンスとリニューアルのためという名目で休館していましたが、6月1日にリニューアルオープンしました。 リニューアルしてどうなったのか気になって、オープン早々に行き、このブログで紹介しましたが、結局どこがリニューアルされたのかよくわかりませんでした。…

続きを読むread more

存続の危機 「加茂 美人の湯」が危ない

 加茂市の「加茂 美人の湯」は、モダンで豪華な施設と、粟ヶ岳を見ながらの入浴が格別であり、魅力ある温泉です。 この「加茂 美人の湯」に関して、7月1日の新潟日報に心配な記事が出ていました。  新潟県内では新型コロナウイルス感染は落ち着きをみせ、"コロナ休館"していた温泉施設は、ほとんど営業再開しています。 しかし「加茂 美人の湯」だけ…

続きを読むread more