月を見上げて雪見風呂 今年最初の「花水」

 新年が明けて記録的な大雪続きで、温泉巡りの気持ちもなえていましたが、大雪が落ち着いた先日の大寒の日の夜、仕事帰りに「花水」に寄ってきました。

DSC_9082x.JPG

 散々お世話になっている「花水」ですが、大寒波襲来前の昨年末に来て以来であり、今年は初めてになります。

 いつものように観念様にお参り。

DSC_9072x].JPG

 コロナ禍で暗雲漂う2021年ですが、少しでも良い年になりますように。

 玄関先で、今年もパソコンを用いた体温チェックを玄関先でしてからの入館です。

DSC_9075x.JPG

 専用のモニター式赤外線温度計も安く売っているんですけれどねえ。

 今月も平日夜割600円をやっています。もう毎月ですから、期間限定という表現は当たりません。

DSC_9074x.JPG

 この看板は、昨年まで玄関の軒下に設置されていたのですが、悪天候続きだったためか、風除室内に移動していました。

 平日夜ということもあってか、今回も内湯大浴槽には先客はおらず、いつもの奥の注湯口前に場所を取り、丸太に頭を載せて、体に加熱源泉を受け止めました。

 無色透明の湯は芳香が漂い 自己責任で飲めばほど良い塩味で、ツルスベ感がある気持ち良い湯です。 細かな泡付もあり、加水・加熱・循環ながらも、鮮度もそれなりに保たれています。
 タイミングによるものと思いますが、湯温は私の体感で41℃程度であり、もう少し熱い方が良かったかなと感じました。

 露天風呂に出ますと、ここも無人で、完全な貸切状態でした。奥の浴槽縁にある加熱源泉注湯口で背中をあぶりましたが、内湯より高温で気持ち良かったです。

 庭には雪が積もっており、雪見風呂を楽しみました。空を見上げますと、月が雲間から見えて月見風呂も楽しめました。

DSC_9085.JPG

 大寒波前の昨年末に来た時も月見風呂を楽しみましたが、大寒波後の今回も月見風呂。なかなか風流ですね。月の位置は大きく異なりましたが、それだけ時節は移ろっているのですね。

 湯上りにはいつものヒーリングルームで休息。

DSC_9076.JPG

 もう何カ月もこのまま。水槽は復活しそうもありませんね。

 ひと休みした後に休憩用広間に行きましたが、テーブルがなくて広々として殺風景でした。

DSC_9078.JPG

 コロナ対策なんでしょうが、落ち着きません。中央に行くのは勇気がいり、壁際でゴロゴロするしかなく、テーブルのありがたみを実感します。

DSC_9080.JPG

 大雪で1mをはるかに超える積雪を記録した秋葉区。大雪はこれで終わりだと良いのですが、まだ1月ですものね。まだまだ冬は続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)