大雪去って雪見風呂 「さくらんど温泉」

 今週は再び寒波が襲来して強風が拭き荒れ、上越を中心に山間部は大雪になりました。昨日から天候が回復し、気温も上がって良かったのですが、来週は再び雪の予報が出ています。三寒四温を繰り返しながら春に向かっています。

 そんな状況の中、昨晩は仕事帰りに五泉市村松の「さくらんど温泉」に行ってきました。前回行ったのは昨年9月でしたので、5ヶ月ぶりです。

DSC_9180.JPG
 阿賀野市から安田橋で阿賀野川を渡って五泉市に入り論瀬交差点へ。直進すれば五泉市街ですが、右へ行けば「花水」、左へ行けば「さくらんど温泉」です。
 どっちに行こうか思案しましたが、「花水」は今月行ってますので、今回は左折して「さくらんど温泉」を選びました。

 論瀬交差点から道なりに進み、磐越西線の下をくぐり直進。国道290号線に突き当たって右折。早出川を渡って看板を目印に左折しますと数百メートルで「さくらんど温泉」です。この間信号は2つのみで、あっという間に到着です。
 昨日朝まで雪が降り、五泉地域には大雪警報も出ていましたので、雪道を心配しましたが、それほどの降雪はなく、日中の気温上昇で雪は融けたようです。でも駐車場には数メートルはある高い雪の山がありました。

DSC_9191.JPG
 雪で駐車場のスペースは狭くなっていましたが、平日夜とはいえ、かなりの車があり、人気のほどがうかがえました。

DSC_9181.JPG
 玄関を入りますと、体温測定のモニターがあります。

DSC_9187.JPG
 大きな下足箱に靴を入れ、鍵と引き換えに受付します。入館料は、大人700円、小学生300円、幼児無料、17:30以降は、大人500円、小学生200円です。
 以前
はタオルセット付でしたが、2020年9月1日より、タオルセットは100円で有料になりました。

 下足箱の鍵と引き換えに、タオルセットのバッグと黄色い番号札を受け取りました。以前は番号札がタオルバックにひもでくくり付けられましたが、現在はひもなしです。

DSC_9183.JPG
 浴室は右が「黄金の湯」、左が「さくらの湯」です。正方形を対角線で分割し、左右浴室とも直角二等辺三角形というちょっと不自然な形で戸惑います。
 脱衣場・浴室共に左右対称で基本構造は同じですが、左右が入れ替わりるだけで印象は異なります。今回の男湯は右側でした。

 脱衣場にはコイン返却式のロッカーがあり、自由に選びますが、返却式とはいえ100円用意しなければならないのは煩わしいです。

 浴室に入りますと、まず洗い場が目に入ります。壁際と中央の6角形の柱の周囲に仕切りなしの洗い場があり、ボディソープ、リンスインシャンプーがあります。

 浴槽は三角形のジャグジーとジェット付の大浴槽と、長方形の源泉浴槽があります。
 この源泉浴槽は掛け流しで、生の源泉を楽しめるのが魅力ですが、小さめで3~4人で満員です。皆さんゆっくりと浸かっておられますので、蜜にならないタイミングを狙うのが難しいのが難点です。
 幸いタイミング良く独り占めの入浴ができました。いつもは37~38℃の不感温度なのですが、若干高めに感じました。
 注湯口から注がれた源泉はほど良い塩味で、茶濁りした湯は、浴槽縁から大浴槽へとオーバーフローされています。

 一方大浴槽は濁りはなく、無色透明で塩味がありますが、カルキ臭が鼻を突きます。湯温は私の体感で41~42℃程度です。この循環湯と源泉浴槽の差はかなり大きく、循環湯の問題点が如実に示されます。

 そして露天風呂。外へ出て少し歩かなければならず、冬期間は健康的とは言えません。
 露天風呂も循環湯で、湯温は内湯より低めで40~41℃程度に感じました。寒さの中、外に出る人は少なく、独り占めの雪見風呂を楽しみました。
 次の人が来るまで浸かっていようと思いましたが、誰も来ることはなく、しびれを切らして内湯に戻りました。

 内湯奥にはサウナと水風呂があり、1人用のサウナマットを使用して利用しますが、常連さんで賑わっており、利用しませんでした。

 源泉名は、村松さくらんど温泉。泉質は、ナトリウム-塩化物温泉(等張性弱アルカリ性温泉)。源泉温度 38.7℃。
 主な成分(イオン濃度:mg/kg、平成27年4月30日付)は、Li 0.5、Na 3325、K16.5、NH4 12.2、Mg 25.1、Ca 317.6、Sr 5.8、Ba 0.0、Al 0.0、Mn 0.5、Fe(II) 1.1、Cu 0.0、Zn 0.0、F 1.9、Cl 4684、Br 17.5、I 2.6、NO2 0.0、NO3 0.0、HS 0.0、HSO4 0.0、S2O3 0.0、SO4 1069、HPO4 0.0、HCO3 64.1、CO3 0.0、メタケイ酸 25.8、メタホウ酸 29.9、遊離CO2 2.1、遊離H2S 0.0 など、ガス性除く成分総計は9599mg/kgです。

 内湯大浴槽と露天風呂は、非加水ですが加熱・循環されています。無色透明で塩味がありますが、カルキ臭を感じます。
 源泉浴槽は掛け流しされており、茶褐色で微混濁しています。鮮度の高い源泉の魅力を味わえます。
 なお、新潟県公衆浴場条例の基準を満たすため、及び衛生管理のため塩素系薬剤を使用し、湯は毎日完全換水し清掃を行っているとのことです。

 さて、この温泉では肌に絵のある人と遭遇する頻度が多いように感じるのですが、この日も上腕~肩に目立つ絵のある人と一緒に湯に浸かり、洗い場でもご一緒しました。
 私は別にいやでもないのですが、脱衣場で職員の方が注意されていました。丁寧に説明しながらも毅然とした態度で見直しました。

 浴室前の休憩所でクールダウン。

DSC_9184.JPG
 湯上りにはいつものこれです。

DSC_9185.JPG
 100円というのは良心的です。ロッカーで返却された100円で買うのでちょうどいいですね。

DSC_9186.JPG
 ロビーでTV観てひと休みして退館しました。小さいながらも源泉掛け流し浴槽を設けているのが魅力の温泉です。今度は桜の季節に是非行きたいと思います。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい