神戸駅直結 「ホテルクラウンパレス神戸」

 先月は大阪に出張でしたが、今度は神戸への出張でした。毎度のことながら、どうせ泊まるなら大浴場付ということで、今回の宿は「ホテルクラウンパレス神戸」です。  天然温泉ではありませんが、宿泊者専用スパがあります。本来なら天然温泉付のホテルを選ぶのですが、交通の便、快適さ等を鑑みて、今回はここにしました。  すぐ隣に「神戸ハ…

続きを読むread more

夕日に照らされ・・ 大崎温泉「雪割草の湯」

 先日、柏崎市での仕事があり、帰り道に海岸部にある「雪割草の湯」に寄ってきました。  前回の訪問が昨年5月でしたので、久しぶりになります。  柏崎と出雲崎の中間部、旧西山町の海岸部を走る国道352号線沿いにある日帰り温泉です。  国道に面して広い駐車場があり、坂を上がった先に玄関があります。  玄関を…

続きを読むread more

掛け流し! ひっそり佇む 長岡温泉「湯元館」

 昨日は長岡に行く用事があり、ついでにひと風呂ということで、今回は長岡温泉「湯元館」に寄ってきました。  長岡で穴場的な良い温泉がないかと尋ねられると、ここが良いと勧めているのですが、かくいう私自身はしばらく行っておらず、数年ぶりに利用することにしました。  国道17号線を南下し、立川総合病院前の交差点を山側に左折。突き当り…

続きを読むread more

ツルスベ、爽やか 「百花の里 城山温泉」

 先週の日曜日は、午後から仕事だったのですが、仕事前に、ひと風呂ということで、今回は新発田市の「百花の里 城山温泉」に寄ってきました。  下足箱に靴を入れ、受付で入館料を払います。入館料は、大人700円、小人400円(タオルなし)ですが、某温泉本の割り引きクーポンを利用して、600円で入館しました。  タオルセットは15…

続きを読むread more

今年も・・ 「冬妻ほたる祭り」

 毎年恒例になった岩室温泉の「冬妻ほたる祭り」が、今年も6月15日(土)~7月7日(日)に開催されます。  昔から、岩室温泉の美味しい清水として知られる冬妻(ひよつま)清水周辺に育つほたるは、「冬妻ほたる」と呼ばれています。この「冬妻ほたる」が飛び交う時期に合わせて、毎年「冬妻ほたる祭り」が開催されています。  この…

続きを読むread more

100円! 「舞平清掃センター附属休憩所」

 新潟市江南区にある舞平清掃センターに併設された温浴施設です。ごみ焼却場に併設された温浴施設は多いですが、ここはし尿と浄化槽汚泥を処理する施設ですので、煙突はなく、ここにこういう施設があることは一般にはあまり知られていないように思います。  生ごみとし尿汚泥と合わせて発酵を行い、発生したメタンガスを燃料として利用したのがこの施設で、2…

続きを読むread more

湯元「花乃井」スーパーホテル大阪天然温泉

 出張で大阪に行って来ました。毎度のことながら、どうせ泊まるなら大浴場付き。それも天然温泉なら最高です。部屋のユニットバスではくつろげませんものね。  ということで、今回の宿は、湯元「花乃井」スーパーホテル大阪天然温泉です。なんか、随分と長い名前ですが、「湯元」とか「天然温泉」という文字は、温泉ファンの心をくすぐります。 …

続きを読むread more

安くて便利な・・ 「アクアパークにいがた」

 ちょっと時間が経ちましたが、先日、久しぶりに「アクアパークにいがた」に行ってきました。家からも近い便利な施設で、時々利用させていただいていますが、昨年8月以来記事にしていませんでしたので、久しぶりに紹介したいと思います。  ここは、新潟市西区の新田清掃センターの余熱を利用した温浴施設で、正式には「新潟市ふれあい健康センタ…

続きを読むread more

令和(018)の日は500円! 「喜芳」

 昨日は長岡方面に出かける用事があり、久しぶりに「喜芳」に寄ってきました。正式には「旬食・ゆ処・宿 喜芳」といい、日帰り入浴のほか宿泊利用もできます。 2002年に、旧三島町の宅地造成中の「はなみずき団地」内に温泉が掘削されましたが、当初は宅配温泉としてのほかは利用されていませんでした。  自噴した源泉が大量に垂れ流しされていて、もっ…

続きを読むread more

近くて便利な..「ホンマ健康ランド」

 先日、所用で県庁方面に行ったのですが、予想外に仕事が早く終わり、空いた時間を利用して、近くの「ホンマ健康ランド」に寄ってきました。  1987年の開館以来、その変遷を我が家の歴史とともに見守ってきました。シアタールームがあって映画を上映していた頃、奥の遊び場で子供を遊ばせていた頃、有料の休憩室をうらやましく思っていた頃・…

続きを読むread more

春の村杉温泉散策、そして 「長生館」

 昨夜は職場の親睦会が村杉温泉「長生館」であり、開宴前に村杉温泉を散策しました。  「長生館」に車をとめて、温泉街をぶらりと歩きました。穏やかな春の夕暮れ。風も心地よく、気分もさわやかです。  共同浴場「薬師乃湯」は相変わらず常連さんで賑わっています。  横の小道を上って、清水で喉を潤します。 …

続きを読むread more

源泉再開して何より 「さくらんど温泉」

 今日は大型連休の最終日。寒冷前線通過で天気は下り坂でしたが、日中は何とか持ちこたえてくれました。  こんな休日の夕方でしたが、昨日からの仕事を終えたあと、疲れを取るため、五泉市の「さくらんど温泉」に寄って来ました。  ここは前回のブログでご紹介しましたが、源泉ポンプの故障により、3月20日から沸かし湯営業になってい…

続きを読むread more

今日は快晴! 朝湯に行こう! 「ヴィネスパ」

 連休も終盤。皆様は温泉をお楽しみでしょうか。私は遠出することはできず、結局どこに行くこともなく、近くでのんびりということになりました。  遠くの名湯より、近くの温泉でゆったり、と開き直っています。  ということで、今日は仕事だったのですが、快晴の空に誘われて、出勤前に「ヴィネスパ」の朝湯に行ってきました。  もう何度も紹介し…

続きを読むread more

令和の初湯は..「花水」

 史上最長の大型連休も後半戦になりました。行楽地はどこも賑わっていることでしょう。  私はどこに行く予定もなく、ゆったりと過ごしています。  天候に恵まれた休日。庭の草取りとゴミ出しをしたあと、家内を誘って秋葉区の「花水」に行って来ました。  例によって、観音様に一礼。  令和が良い時代になりますよう…

続きを読むread more

平成最後は..「だいろの湯」

 平成が終わり、今日から令和が始まりました。昨日は平成最後の湯ということで、夕方「だいろの湯」に行ってきました。  さすがに混雑していましたが、タイミング良くスムーズに入館できました。  内湯の柔らかな2号源泉に浸かって、ゆったりと体を温めます。浴槽右側にある浴槽内注入口からは泡が噴き出しており、泡付きを体験できて気…

続きを読むread more

え! 「湯ったり苑」が「極楽湯」へ!

 平成最後を目前とした先週末に、衝撃(?)のニュースが新潟を駆け抜けました。  温浴施設「極楽湯」を全国で40店舗(フランチャイズ含む)展開している極楽湯ホールディングスが、「湯ったり苑」を運営しているタカチホ(長野市)から、温浴事業の一部(5施設)を取得することを決めたというものです。取得価額は非公表で、取得予定日は2019年7…

続きを読むread more

ドバドバ大量掛け流し 「寺宝温泉」

 先日長岡方面に行く用事があり、しばらくぶりに「寺宝温泉」に寄ってきました。  ここは1999年12月21日に日帰り入浴施設としてオープンしましたが、私はオープン3日目に利用したのが最初でした。以後20年のお付き合いということになります。  オープン当初から源泉100%の掛け流しの温泉は魅力でしたが、当初は内湯のみで…

続きを読むread more

入浴営業再開! 聖籠観音の湯「ざぶーん館」

 聖籠町の聖籠観音の湯「ざぶーん館」は、源泉トラブルで何度も沸かし湯営業を繰り返し、昨年新源泉を掘削して、年末に新源泉での営業再開を予定した途端にレジオネラ騒ぎで長期の休館となりました。  漸く2月1日に新源泉で営業が再開されましたが、再びレジオネラが検出されて、3月15日から長期の入浴営業休止となりました。  もういい加減にしてと…

続きを読むread more

さくら散っても… 「さくらの湯」

 新潟も海岸平野部の桜は満開が過ぎ、花吹雪状態です。花が散って新緑が芽生え、いよいよ春真っ盛りです。  さて、桜でイメージする温泉といえば、その名もズバリ、五泉の「さくらんど温泉」と弥彦の「さくらの湯」は外せないでしょう。  先回の記事で紹介しましたように、「さくらんど温泉」は、源泉ポンプの故障により3月20日から沸かし湯営業が…

続きを読むread more

さくら満開! 宝珠温泉「あかまつ荘」

 新潟市は桜が散っていますが、阿賀野市の五頭山麓では桜の満開が続いています。  阿賀野市の旧安田市街から新発田市への国道290号線沿いにはたくさんの桜があり、特に阿賀野病院前から村杉温泉間の桜は見応えがあり、国道の両側に連なる桜に目を奪われてしまいます。  この桜もあとわずか。今週末は持ちそうですので、皆様方も早めにお楽しみください…

続きを読むread more

桜は咲いたけど・・ 「さくらんど温泉」

 今週末は天候に恵まれ、穏やかな天候となりました。新潟市では桜の満開が宣言され、桜の名所は花見客で大賑わいとなりました。  新潟県内には桜の名所がいくつかありますが、下越地方で有名なのは五泉市の村松公園でしょうか。今週末はイベントも開催されて、大混雑となっています。  その村松公園にほど近い場所に「さくらんど温泉」があります…

続きを読むread more

朝風呂キャンペーン700円! 「ヴィネスパ」

 新潟市西蒲区の「ヴィネスパ」。ちょっとお得な情報を知り、朝湯に行って参りました。  国道402号線を快適に進み、7時の開店とともに入館しました。  さて、お得な情報とは・・  通常料金は1000円(タオルなし)と、ちょっとセレブなのですが、開業10周年記念として、4月、5月の土日祝日限定で、7時~9時の入館に…

続きを読むread more

地味ですが、侮れない..「馬下保養センター」

 おなじみの温泉ばかりでは寂しいですので、久しぶりに五泉市の「馬下保養センター」に行ってきました。  前回行ったのが、ちょうど東日本大震災直後で、福島県からの避難者がたくさんおられました。  あれから8年。近くであり、いつでも行けるという思いが、逆に行かずじまいにつながってしまい、随分とご無沙汰してしまいました。  国道4…

続きを読むread more

静かなひと時..真光寺温泉「熊と森の湯」

 今日は日曜日なのですが、午後から仕事でした。待ち受ける仕事に備え、英気を養うため、出勤前に阿賀野市の「熊と森の湯」に寄ってきました。昨年9月以来、半年ぶりの利用です。  ここは2001年秋に、障がい者保養施設の「出湯うるおいの里」として開設されましたが、2015年4月に特定非営利活動法人あおぞらソラシードに事業譲渡され、…

続きを読むread more

エメラルドグリーンが恋しくて..月岡温泉「美人の泉」

 昨日のブログで紹介した月岡温泉「ほうづきの里」は、硫化水素臭漂う良く温まる湯ではありましたが、エメラルドグリーンというほどではなく、ちょっと残念というのが実感でした。  温泉は生き物であり、その日のコンディションで印象が異なるのは仕方のないことであり、それこそ天然温泉の証しとも言えます。  でも、やっぱりエメラルドグリーンが恋…

続きを読むread more

硫化水素臭が恋しくて..月岡温泉「ほうづきの里」

 新潟を代表する硫黄泉と言えば月岡温泉です。新潟のみならず、日本でも屈指の硫黄分を誇ります。  月岡温泉は、忘年会や新年会で毎年宿泊利用しており、おのずとこのブログの登場回数も多くなっています。  今年も1月末に「清風苑」を利用しましたが、その後は月岡温泉に行っておらず、硫化水素臭漂うエメラルドグリーンのツルスベの湯が恋しく…

続きを読むread more

今年も出ました..「新潟日帰り温泉パラダイス」

 毎年この時期恒例の「新潟日帰り温泉パラダイス」(新潟日報事業者、880円+税)が、今年も発売されました。  各種割引クーポンで、すぐに元が取れてしまいますので、新潟の温泉巡りには欠かせない必須アイテムといえましょう。  「新津温泉」や「くわどり湯ったり村」は、何と無料で入浴できます。3回行くと1回無料になる施設も数…

続きを読むread more

田んぼの中の名湯 「白根温泉」

 昨日のブログで「新津温泉」を紹介しましたが、今日はもっと一般向けの「白根温泉」を紹介しましょう。  何故か春になると無性に恋しくなり、昨年3月以来1年ぶりに行ってきました。  新潟市街から国道8号線を南下し、白根市街に入る手前、今月全線開通したばかりの白根バイパスの起点にもなる保坂交差点を左折。田んぼの中の道路を直進し…

続きを読むread more

新潟が誇る名湯 「新津温泉」

 多忙だった3月も末となり、来週から4月です。昨夜は仕事だったのですが、疲れを取り、なまった心身に喝を入れるため、仕事帰りに秋葉区の「新津温泉」に行ってきました。  軟弱者の私は、すぐ近くの「花水」には何度も行くものの、「新津温泉」はたまにしか行かず、前回から1年にもなってしまい、随分とご無沙汰してしまいました。  …

続きを読むread more

ポンプ故障で沸かし湯営業中 「さくらんど温泉」

 彼岸が過ぎ、春本番と思いきや、今週末は荒れ模様で、今朝起きましたら雪が積もって、寒風が吹いていました。春の訪れもちょっと足踏みというところでしょうか。  さて、五泉市の「さくらんど温泉」が、源泉ポンプの故障により、3月20日から沸かし湯営業となっています。様子観察のため、行ってきました。  車に積もった雪を払いのけ…

続きを読むread more

う~ん、泥沼の 「ざぶーん」 復活を祈願

 「聖籠観音の湯 ざぶーん」は、度々の源泉トラブルで、何度となく沸かし湯営業を余儀なくされ、その度にこのブログで紹介してきました。  昨年新源泉が掘削され、12月22日から新源泉での営業再開することががアナウンスされ、これで源泉トラブルが解消されるものと喜んでいました。  ところが今度はレジオネラが検出され、長期の休館を余儀なく…

続きを読むread more

復活を祈念 「ソルトスパ潮風」

 2019年2月20日、突然休館した柏崎市の「ソルトスパ潮風」。この話題は先日のブログで紹介しましたが、大きなショックは禁じえません。  どんな状況になっているのか気になっていましたので、先日柏崎に所用で行ったときに寄ってみました。  横の駐車場に車はなく、寒風が吹きぬけていました。玄関前に置かれた赤い三角コーンが寂しさ…

続きを読むread more

春だ! 朝湯だ! 今朝は「ヴィネスパ」

 暖冬の冬も終わろうとし、すっかり春めいてきました。今日も快晴の爽やかな朝を迎えました。このところ疲労が蓄積し、明日からの多忙を考えますと気持ちも落ち込みます。こんなとき助けてくれるのは温泉ですね。  休日くらいゆっくり寝ていようと思うのですが、やっぱりいつもの時間に目覚めてしまいます。夜が明け、晴れ渡った空が窓から見えて、思いき…

続きを読むread more

つ、ついに・・! 安田温泉「やすらぎ」 

 このところいろいろありまして、ブログの更新が遠ざかり、一部の方々に心配をおかけしてしまいました。ちゃんと生きてますし、温泉やスーパー銭湯には浸かっておりますので、ご安心ください。  ということで、今回の話題は、阿賀野市の安田温泉「やすらぎ」です。ここについては先月も記事を書いたばかりですが、別の話題ですのでお付き合いください。 …

続きを読むread more

割引券を利用して.. 「じょんのび館」

 正月にもらった割引券(2月末が期限)を使うべく、先日の昼に福寿温泉「じょんのび館」に行って来ました。  通常料金はタオルセット付800円ですが、割引券を利用して、390円(タオルセット付)で入館しました。  館内着は50円と安いですので、館内着の利用をお勧めします。  さっそく浴室へ。 …

続きを読むread more

嗚呼! 「ソルト・スパ潮風」休館!

 柏崎市の中心街からも近い海岸通り沿いにある日帰り温泉「スルト・スパ潮風」。私の温泉ライフを語る上で欠かせない施設です。何せ「新潟県内日帰り温泉おすすめ情報」の紹介番号1番はここなのです。  前回行ったのは2018年10月。その時は特に変わりない様子でした。先週柏崎へ行く用事があり、ここに寄ろうと思ったのですが、気が変わっ…

続きを読むread more

隠れた名湯 「たかまち鉱泉」

 昨日は柏崎へ行く用事がありましたが、毎度の「ソルトスパ」では新味がありませんので、今回は、知る人ぞ知る名湯、たかまち鉱泉「たかまちの湯」に寄って来ました。  国道116号線から原子力発電所へ向かう坂道のたもとのコンビニの裏にあります。  「ビジネスホテルかりわ」の1階に温泉があります。もともと「かり和荘」という東電…

続きを読むread more

やっぱり薄味..「だいろの湯」

 新潟県内では月岡温泉に次ぐ豊富な硫黄分を誇り、硫化水素臭漂う名湯として県内屈指の集客数を誇る新潟市西蒲区の多宝温泉「だいろの湯」。  オープン当初から私のホームグランド的温泉として親しんでおり、このブログの登場回数も突出して多いのですが、しばらく記事にしていませんでしたので、お付き合いください。  先日、しばらくぶり行ってきま…

続きを読むread more

またまた・・ 秋葉温泉「花水 Casui」

 昨年末にもらった割引券を使うべく、土曜日に秋葉区の秋葉温泉「花水」に行ってきました。今回は家内が行きたいというので、お供しました。  自宅からはちょっと遠いですけれど、自宅からは弥彦の「さくらの湯」に行くくらいの距離でしょうか。  駐車場にある観音様に一礼して入館。通常料金はタオルセット付ながら950円と高…

続きを読むread more

チョコレート風呂!? アヒル付 小須戸温泉「花の湯館」

 もうすぐバレンタインデー。チョコレートをもらえる当てのない私は、チョコレート風呂で憂さ晴らしです。  ということで、新潟市秋葉区の小須戸温泉「花の湯館」に行ってきました。ここは2015年4月に指定管理者が代わってから様々なイベントが行われていますが、今回はバレンタインデーにちなんでのイベントです。  いろん…

続きを読むread more

内湯もあったか 安田温泉「やすらぎ」

 阿賀野市の安田温泉「やすらぎ」。仕事帰りのひとふろで、なくてはならない温泉です。つい先日も記事にしたばかりなのですが、今回は内湯の話題です。  例によって、通常料金800円(タオルセット付)のところ、平日夜間割引600円(タオルセット付)で入館。  内湯で温まって、露天風呂へ。男湯は3つの浴槽があり、大浴槽はぬるめ…

続きを読むread more

新源泉で営業再開 聖籠観音の湯「ざぶーん」 

 聖籠町にある聖籠観音の湯「ざぶーん」は、源泉の不調により度々沸かし湯営業を余儀なくされ、昨年(2018年)新源泉の掘削が行われました。  昨年夏以降も長期の沸かし湯営業となりましたが、いよいよ12月22日から新源泉による温泉営業が開始されることとなり、記念式典やイベントの案内もされました。  しかし、沸かし湯期間において使用し…

続きを読むread more

小雪舞う露天風呂 「アパホテル新潟古町」

 昨夜は仕事関係の新年会が新潟市内であり、代行を頼む代わりに、「アパホテル新潟古町」に泊まってきました。古町周辺で大浴場付のホテルは、ここと「クラウンヒルズ新潟」ですので、選択肢は限定されます。どうせ泊まるなら大浴場付ですよね。  前回利用したのが昨年9月でしたので、5ヶ月ぶりになります。新ネタもないのですが、一応ご紹介しておきます。…

続きを読むread more

月岡温泉「清風苑」で雪見風呂

 昨夜は職場の新年会が月岡温泉「清風苑」で開催され、温泉を楽しんできました。  寒波襲来中で、大雪が予想されましたが、ほどほどの雪で助かりました。  宴会よりも温泉目当ての私ですので、早めにチェックインしました。  広々としたロビーは気持ちいいですね。この旅館には客室棟が3つありますが、私の部屋は平安亭4階…

続きを読むread more

侮れない人工温泉 「槇尾湯ったり苑」

 今日は成人の日。真冬のはずですが、穏やかな天候で、過ごしやすくて助かります。このまま雪が降らないと良いのですが、そうもいかないでしょうね。  今日は所用があって出かけることはできず、時間が空いた夕方に、家から近い「槇尾湯ったり苑」でゆったりしてきました。  さて、今日の話題は人工温泉。「槇尾湯ったり苑」では、この連…

続きを読むread more

2つの源泉 神の宮温泉「かわら亭 景虎の湯」

 「釜ぶたの湯」に行ったついでに、すぐ近くにある「かわら亭 景虎の湯」にも寄ってきました。  この温泉は、地元の建設会社がかなり前から掘削に成功していましたが、2008年7月20日にオープンしました。日帰り温泉のほか宿泊営業もしています。私も開業早々に駆けつけたことが思い出されます。  「景虎の湯」という名前の由来は、この地…

続きを読むread more

ヌルヌル最高! 「釜ぶたの湯」

 上越妙高駅西口に、2018年11月15日にオープンした「釜ぶたの湯」。概要についてはすでに紹介していますが、実際に行かねばと思いながらも行けずじまいで、2ヶ月が経ってしまいました。本日ついに意を決して行って参りました。  今日は天候に恵まれ、気温も高めで過ごしやすい陽気になりました。せっかくの好天ですので、昼過ぎになって予定を変…

続きを読むread more

また濁ってます 安田温泉「やすらぎ」

 山間部は例年通りの雪ですが、海岸・平野部は暖冬・小雪の予報通り、雪は少なく、過ごしやすくて助かります。  でも、冬ですからそれなりに雪は降り、気温も低く、体も凍えそうです。こんなときは強塩泉が最適です。  強塩泉といえば、「西方の湯」や「塩の湯温泉」といった熱い強塩泉は否応なしに体が温まって良いのですが、ぬるい強塩泉にじっくり…

続きを読むread more

見附に行ったら..「ほっとぴあ」

 今日は見附に行く所用があり、せっかくでしたので、「みつけ健幸の湯 ほっとぴあ」に寄ってきました。  2016年8月のオープン時に行ったきりでしたので、2年半ぶりになります。ずいぶんとご無沙汰してしまいました。  新潟市内は天候は穏やかでしたが、三条を過ぎる頃から雪が降りだし、見附に入りますと本格的な降り方になっていました。裏の…

続きを読むread more

今日も人気の 「あやめの湯」

 今日は土曜日。雪こそ降りませんが、みぞれ交じりの冷たい雨がぱらつき、気分は晴れません。冷えた心、冷えた体を温めるには食塩泉、どうせなら掛け流しが良いですね。  ということで、今日は夕方、所用を済ませた後に、新年になって3湯目として新発田温泉「あやめの湯」に立ち寄りました。前回来たのが1年半前。随分とご無沙汰してしまいました。 …

続きを読むread more