テーマ:温泉

「紫雲の郷」で強塩泉を楽しむ

 先日「塩の湯温泉」に行ってきましたが、そこからの帰り道、そのまま帰れないのが温泉好きの悪いところ。帰り道に通過する「紫雲の郷」に寄ってしまいました。昨年の夏以来1年ぶりになります。 広大な県立紫雲寺記念公園内に「紫雲の郷」があります。 玄関前にはこんな看板が掲げられています。 ここまで大きな看板は珍しいのではないでしょうか。そういう人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い夏こそ「塩の湯温泉」

 梅雨前線が活動を続け、雨が降りしきるなか、先日久しぶりに胎内市の「塩の湯温泉」に行って来ました。 「暑いときこそ熱い温泉」ということで、これまで何度も記事にしていますが、今年も熱い温泉が恋しくなってしまいました。 新型コロナでストレスがたまり、ステイホームでなまった体に渇を入れるためには、熱くて強烈な温泉がいいですね。 熱い温泉と言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「湯朱印帳」ってなに?

 新潟浴場組合(新潟県公衆浴場生活衛生同業組合/新潟市公衆浴場協同組合)は、令和2年8月1日から令和3年7月31日までの1年間に渡って、「湯朱印帳」という銭湯めぐりイベントを開催するそうです。 各銭湯で「湯朱印帳」を100円で販売し、新潟県内18軒(うち新潟市内12軒)の銭湯を巡ってスタンプを集めると、新潟市内12軒達成時と新潟県内18…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不感温度風呂にハッカ水風呂 「極楽湯 槇尾店」

 4連休も終わりですが、いかがお過ごしでしたでしょうか。梅雨空で気分もすぐれず、出かける元気がないときは、スーパー銭湯で我慢しましょう。 ということで、今回は家から近い「極楽湯 槇尾店」です。変わったイベントをやっているようですので、行ってみることにしました。  玄関前にはアニメキャラクターののぼりが多数立てられており賑やかです。何事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの 「ミオンなかさと」

 「竜神の館」からの帰り道、久しぶりの長距離遠征ですので、もうひとつ寄って帰ろうということで、久しぶりに宮中島温泉「ミオンなかさと」に寄ることにしました。前回来たのは2013年9月でしたので、7年ぶりになります。 ここは2005年4月に合併により十日町市になった旧中里村が建設した温泉総合保養施設で、1996年7月18日にオープンしました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期間限定営業中 竜ヶ窪温泉「竜神の館」 独占入浴を堪能

 津南町の竜ヶ窪温泉「竜神の館」は、平成9年にオープンし、津南町が53%出資する第三セクター「竜ヶ窪温泉」が運営してきました。 私の子供が小さい頃は、ドライブがてらにしばしば訪れ、我が家にとっても思い出深い温泉です。私のホームページにここの写真を載せていますが、そこに写っている子供は私の末娘です。 奇抜な外観や大きな露天風呂など、大変魅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「だいろの湯」独り占め  泡付きも堪能

 先日の土曜日の昼前に、新潟市西蒲区の多宝温泉「だいろの湯」に行って来ました。前回来たのが3月でしたので、4ヶ月振りで、コロナ休館明け後は初めてになります。 駐車場はいつもより空いていました。下足箱に靴を入れ、880円払って入館。コロナ対策で、タオルバックはなく、むき出しのタオルセットが渡されました。 浴室は空いており、浴室の戸を開けま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掛け流し最高! 新発田温泉「あやめの湯」

 先日新発田方面に行く用事があり、ついでに新発田温泉「あやめの湯」に寄ってきました。前回行ったのが昨年11月でしたので、随分とご無沙汰してしまいました。 新発田市の中心部からほど近く、国道7号線からすぐであり、アクセスは良い場所です。 平日夜で、駐車場には数台の車のみで、かなり空いていました。 閉鎖されたままの足湯を横目に玄関へ。 コロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月1日より営業日限定で再開!「加茂 美人の湯」

 「加茂 美人の湯」は3月3日から新型コロナウイルス感染のため営業休止し、その後も営業再開しないまま現在に至っています。 以前のブログに記しましたように、「加茂 美人の湯」の源泉の維持管理には多額の経費がかかり、入館者数の減少と相まって、2004年度から16年連続の赤字を計上しています。 今年度はこのまま営業しない方が4,060万円も赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉サブスク?  弥彦温泉「四季の宿みのや」

 サブスク=サブスクリプションは、定額料金で一定期間サービスを受けられるというものですが、今朝の新潟日報に、弥彦温泉の「四季の宿みのや」が「温泉サブスク」を始めたとの記事がありました。 サブスク会員になると、5,000円(税込)で2か月間、館内の大浴場の温泉を回数無制限で利用することができるというものです。 利用時間は、午前5時~午後4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月15日営業再開! かのせ温泉「赤湯」

 長らく休業していた阿賀町の「かのせ温泉 赤湯」が、阿賀町の直営で7月15日から営業再開しました。その記事が今朝の新潟日報に出ていました。 「赤湯」のほか、隣接するキャンプ施設「角神湖畔青少年旅行村」も、阿賀町直営で同時に営業再開し、予約の受付を開始しました。 入浴料は、大人500円、小人300円。営業時間は午前10時~午後7時30分(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの 宝珠温泉「あかまつ荘」

 阿賀野市の宝珠温泉「あかまつ荘」は、通常料金500円ですが、夜間割引は300円と格安であり、スタンプ10個で1回無料(入湯税100円要)のポイントカードも魅力です。仕事帰りに手軽に気軽に利用できて重宝している温泉です。 しかし、コロナ騒ぎの中で、すっかりご無沙汰してしまいました。温泉の周囲には桜が植えられており、毎年満開の桜が迎えてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

線香香る露天風呂 「百花の里 城山温泉」

 先日、某所での会議が予定より早く終了して時間が空きましたので、ひと風呂浴びて帰ることにしました。 今回選んだのは新発田市の「百花の里 城山温泉」です。ここは1998年12月23日にオープンしましたが、開業初日に利用して、生花をもらって帰ったことを良く覚えています。以来、度々利用させていただいていますが、前回来たのが2019年6月でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜ヶ窪温泉「竜神の館」 期間限定で夏季営業

 津南町の竜ヶ窪温泉「竜神の館」は、平成9年にオープンした日帰り温泉施設です。津南町が53%出資する第三セクター「竜ヶ窪温泉」が指定管理者として運営してきましたが、収益の悪化により赤字が膨らみ、営業継続が困難となったため、昨年(2019年)11月21日より営業休止されました。 営業再開の見通しは立たないとのことで、そのまま閉館になってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月岡温泉独り占め ちょっと薄味「ほうづきの里」

 硫化水素臭とエメラルドグリーンが恋しくて、最近行ったばかりですが、再び月岡温泉に行って来ました。 先回は「美人の泉」でしたので、今回は「ほうづきの里」にしました。ここに前回行ったのは昨年春でしたので、随分とご無沙汰してしまいました。 ここの難点は、月岡温泉街の最奥にあって行きにくく、駐車場への道が狭くてわかりにくいこと。そして、閉館時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泡付を堪能 秋葉温泉「花水」

 新潟市秋葉区の秋葉温泉「花水」は、5月の1ヵ月間、"コロナ休み"ということではなく、メンテナンスとリニューアルのためという名目で休館していましたが、6月1日にリニューアルオープンしました。 リニューアルしてどうなったのか気になって、オープン早々に行き、このブログで紹介しましたが、結局どこがリニューアルされたのかよくわかりませんでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

存続の危機 「加茂 美人の湯」が危ない

 加茂市の「加茂 美人の湯」は、モダンで豪華な施設と、粟ヶ岳を見ながらの入浴が格別であり、魅力ある温泉です。 この「加茂 美人の湯」に関して、7月1日の新潟日報に心配な記事が出ていました。  新潟県内では新型コロナウイルス感染は落ち着きをみせ、"コロナ休館"していた温泉施設は、ほとんど営業再開しています。 しかし「加茂 美人の湯」だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展望風呂に、ツルスベの湯 「ロイヤル胎内パークホテル」

 胎内市の「ロイヤル胎内パークホテル」は、合併前の旧黒川村によって造られたリゾートホテルで、2001年春にオープンしました。 オープン当時、小さな村がこれだけのリゾート開発をしたことが全国でも話題になりました。 その特徴ある豪華な外観は、ヨーロッパのお城を見るかのようであり、なかなか魅力的です。 かつて隣には、国民宿舎の「胎内パークホテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さようなら 「ホンマ健康ランド」

 新潟市唯一の健康ランドとして、長らく親しまれていた「ホンマ健康ランド」が閉館するというニュースが4月13日に伝えられて、驚かれた人も多いものと思います。 私の人生にとっても思い出深い場所であり、私のこれまでの思い出は、先日のブログに書かせていただきましたが、いよいよ6月30日17時をもって閉館となります。残された時間はあとわずか。閉館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「雪だるま温泉」再始動へ

 この度、存続が危ぶまれていた上越市安塚区の「雪だるま高原」(キューピットバレイ)の新しい指定管理者が決まり、休業中の「雪だるま温泉」が再開に向けて動き出しました。  2019年8月に、「雪だるま温泉 雪の湯」が、老朽化による設備の不具合と源泉の湯量減少のため、2020年11月末で休止されるとの発表があり、非常に残念に思い、このブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新発田市「今得キャンペーン」第2弾開催!

 今朝の新潟日報に目を引く広告がありました。 好評を博した新発田市による「今得キャンペーン」の第2弾が7月1日からスタートするというものです。 県内有数の温泉地である月岡温泉をかかえる新発田市は、新型コロナ禍で疲弊した月岡温泉の振興対策として、5月から「月岡温泉今得キャンペーン」を開始しました。 月岡温泉の旅館に2人以上で予約し、チェッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりいいなあ・・月岡温泉「美人の泉」

 温泉といえば、硫黄の香り、正確には硫化水素の香りを思い浮かべる人が多いでしょう。私も硫化水素の香りが大好きです。アブラ臭も好きですけれど・・。 硫黄泉についての考察は以前のブログに記しましたが、新潟で硫黄泉といえば、月岡温泉が代表であり、新潟県第1位、全国でもトップクラスの硫黄分を誇ります。ちなみに新潟県第2位は多宝温泉「だいろの湯」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとぬるめの..聖籠観音の湯「ざぶーん」

 昨日時間が空き、思い立って聖籠町の聖籠観音の湯「ざぶーん」に行ってきました。昨年の大晦日以来ですので、半年ぶりになります。 ここは“コロナ休み”を明けて、6月1日から営業再開しました。混んでいたら断念しようと思ったのですが、駐車場は空いていましたので、入館することにしました。 玄関は開け放たれており、換気に注意しているようでした。 下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに... 「さくらんど温泉」

 五泉市の村松地区にある「さくらんど温泉」といえば、その名前の通りに桜が魅力です。桜の名所として知られる村松にちなんでの命名だと思いますが、温泉の周囲にも桜が植えられており、毎年春には見事な桜が咲き誇ります。私も毎年桜の季節に訪れて、花見がてらの入浴を楽しませていただいています。 ところが、今年は新型コロナ騒ぎで行くことができないまま桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ対策ばっちり! 「じょんのび館」

 土曜日の昼下がり、時間が空きましたので、6月1日から営業を再開した新潟市西蒲区の「じょんのび館」に行ってきました。 前回来たのは、コロナ騒ぎが始まる前の2月初めで、その時は「酒風呂」をやっていました。その時以来4か月ぶりの利用になります。 玄関を入って、まず下足箱のあるスペースがゆったりしているのに驚きました。 下足箱が減らされており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス感染症の新潟県内の温泉への影響 第11報 (6月11日更新)

 新潟県では、これまでに82人の新型コロナウイルスの感染者がありましたが、すでに81人が退院し、入院中は1人のみとなっています。5月15日以来新規感染者の報告はなく、収束状態が続いています。 こんな中、県内の温泉施設のほとんどは営業を再開しており、休業を継続していることろはわずかとなりました。 これまでの営業再開情報は、以前のブログ(第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「じょんのび村」が心配

 昨日の新潟日報に、小さいですが、心配な記事が出ていました。 柏崎市高柳町の温泉宿泊施設の「じょんのび村」が、営業再開のめどが立っていないということです。 「じょんのび村」は、1994年にオープンし、温浴施設の「楽寿の湯」のほか、宿泊施設、レストラン、地元の食材や土産品の売店があり、つり橋を渡った先に貸別荘もあります。隣の「こども自然王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニューアルオープン! 秋葉温泉「花水」

 新潟市秋葉区の秋葉温泉「花水 Casui」は、新型コロナ感染に伴い、5月1日よりメンテナンスとリニューアルのため休館していましたが、予定通りに6月1日に営業再開しました。 新潟県内では、2月29日に、新潟市秋葉区で、初の新型コロナウイルス感染者が判明し、公共の温泉施設を中心に、県内の日帰り温泉施設の多くは次々と休館しましたが、「花水」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟の温泉を応援しよう! (6月24日追記)

 新型コロナウイルス感染の拡大による長期の営業自粛により、新潟県内の温泉旅館や関連施設は、多大な経済的損失を被り、経営難により営業停止するところもでています。 緊急事態宣言が解除され、別ページで紹介していますように、温泉旅館のほとんどは営業を再開しましたが、すぐに客足が回復するわけでもなく、団体客や宴会客の誘致は難しい状況です。 このよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三蜜」避けて..安田温泉「やすらぎ」

 昨夜は仕事帰りに阿賀野市の安田温泉「やすらぎ」に立ち寄り、リフレッシュしてきました。 職場から近い温泉ですので、オープン以来頻回に利用していますが、コロナ騒ぎもあって、今年1月以来利用しておらず、随分と久しぶりになります。 ここは5月7日から営業を再開しており、どんな様子か見に行ったことがありましたが、外からうかがうだけで、我慢して入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more