目に鮮やか、エメラルドグリーン 月岡温泉「美人の泉」

 この夏は遠出する予定もなく、大人しく過ごしております。近くの温泉を巡っていますが、硫黄泉が恋しくなり、月岡温泉に浸かってきました。
 忘年会やら新年会やらで、毎年何度か宿泊していますし、立ち寄り湯の利用も多いですが、月岡の湯は飽きることがありません。
 今回は手軽に利用できる「美人の泉」です。いつも夜ばかりですので、今回は昼に行ってきました。4月にも記事を書いたばかりですが、お付き合いください。

DSC_5996.JPG
 玄関前の券売機で入浴券を購入。料金は大人520円、小人310円、タオルなしです。

DSC_5997.JPG
 入浴券を受付に提出。下足棚に靴を入れて入館します。

 玄関のすぐ前に浴室があります。脱衣場、浴室ともに撮影禁止ですので、写真はありません。以前のブログをご覧ください。

 浴室に入りますと、硫化水素臭が充満し、得も言われぬ芳香です。
 浴槽にはエメラルドグリーンの湯が満ちています。循環式ですが、新源泉の投入が絶えず行われており、投入分はオーバーフローされていますので、掛け流しといっても良いでしょう。
 投入される源泉は無色ですが、浴槽は鮮やかなグリーンです。これぞ月岡温泉。いつも夜の利用ばかりで、鮮やかさは失われていますが、昼間は鮮やかさに目を奪われます。
 ツルスベで肌触りも良く、自己責任で飲んでみますと苦くて不味い月岡の湯。油膜が浮かぶ月岡温泉本来の味わいは乏しいですが、これでも十分に満足できます。
 
 源泉名は月岡5号井。泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。源泉温度50.4℃。湧出量440L/分(動力)。PH 8.0。
 主な成分(イオン濃度:mg/kg、平成25年7月4日分析)は、Li 0.3、Na 1097、K 22.6、NH4 6.7、Mg 22.1、Ca 50.2、Sr 2.4、F 2.7、Cl 1059、Br 4.9、I 1.3、HS 71.5、S2O3 41.4、SO4 575.1、HPO4 0.4、HCO3 482.1、メタ珪酸 40.3、メタ硼酸 14.6、遊離CO2 8.1、遊離H2S 8.1、など、ガス性除く成分総計は3494mg/kgです。
 入浴に適した温度を保つために加温、温泉資源の保護と衛生管理のために循環ろ過装置を使用と掲示されています。

 なお、泉質についての詳しい紹介は以前のブログをご覧ください。

 ゆったりと湯に浸かり、至福のひととき。気持ちいいですね。

 洗い場は9ヶ所。ボディソープ、リンスインシャンプーがあります。

 湯上りにはこれ。

DSC_5998.JPG
 休憩室で高校野球を観戦。熱戦に見入ってしまいました。

 共同浴場を名乗っていますが、料金は高めです。しかし、ボディソープやシャンプーがあり、休憩室が充実していて、ゆっくり過ごせることを勘案しますと、妥当な料金だと思います。手軽に月岡の湯を楽しむには便利ですね。