「だいろの湯」白濁!

 今日は春分の日。いよいよ春本番で、気分も爽やかなはずなのですが、世間は新型コロナウイルスで大混乱。新潟市でも連日の新規感染者があり、落ち着かない毎日です。

 今日はお彼岸ということで、両親と兄、そして愛猫の墓参をした後、ストレス解消のため「だいろの湯」で癒してきました。

DSC_7418.JPG
 暴風吹く中、「だいろの湯」に到着。休日ではありますが、駐車場は空いていました。

 入館料は、タオルセット付880円。昨秋の消費増税とともに値上げされたのは残念です。

 早速浴室へ。浴室は空いていて、各浴槽ともにゆったりと浸かることができました。泉質については以前のブログをご覧ください。

DSC_7415.JPG
 まずは、内湯。ここは2号源泉が使用されており、いつものように微白濁透明でした。肌に優しい柔らかな湯です。

 3号源泉の露天風呂は、いつも通りに無色透明でしたが、メインの大庭園露天風呂は、何と白濁していました。

 50畳の広さを誇る大庭園露天風呂は、1号源泉が使用されています。この1号源泉は、月岡温泉に次いで、新潟県第2位の硫黄分を誇り、全国にも誇りうる名湯です。しかし、このところパワーダウンは否めず、その泉質変化については以前のブログで考察しています。先月行ったときも残念に感じていました。

 温泉は生き物であり、その時々で変化することがあります。「だいろの湯」1号源泉も通常は淡緑色透明ですが、白濁したり、黒濁したり、緑濁したりと、さまざまに変化することがあります。そういう日に遭遇しますと、何か得したような気分になります。

 でも良く考えますと、硫黄泉が白濁するのは、酸化されて、硫黄分が析出し、コロイド粒子を形成したということ。つまり、劣化した姿とも言えます。
 今日の湯の透明度は5cmほどで、濁り具合も高度でした。湯の鮮度としては良くないものと推測します。
 
 どういう原因かは別にして、「だいろの湯」の白濁はたまにしか出会えません。今日は久しぶりに白濁湯に遭遇することができました。次はいつかな。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス