あがの姫牛を食す 安田温泉「やすらぎ」

 仕事帰りにしばしば利用している阿賀野市の安田温泉「やすらぎ」ですが、昨夜も夕食も兼ねて行ってきました。

 土砂降りの雨の中、「やすらぎ」に到着。

DSC_8373.JPG
 入館前に、玄関前に増設された手洗い場で手を洗いましょう。このB級の雰囲気が魅力です

DSC_8374.JPG
 玄関では招き猫が迎えてくれます。

DSC_8375.JPG
 夜間割引600円(タオルセット付)で入館。

 浴室に向かい、さっそく入浴を楽しみました。

DSC_8384.JPG
 浴室の様子や泉質については、これまでのブログで散々紹介していますので、今回は割愛させていただきます。

 非温泉(地下水の沸かし湯)の内湯で温まります。

DSC_8387.JPG
 私の好きな小さい高温浴槽は、今回は43.9℃とぬるめでした。

DSC_8388.JPG
 一般的には十分高温ですけれど・・

 露天風呂もぬるめで、高温浴槽でも私の体感で40℃程度のぬるめでした。

 雨降る外を眺めながらくつろぎました。

DSC_8386.JPG
 聴こえるのは、浴槽に注がれる源泉の音と、かけ流されて排出口に流れ出る湯の音、そして秋の虫の鳴き声。風流ですねえ・・。

 さて、夕食をいただきましょう。多彩なメニューがあり、先回は“ゆたからサーモン”をいただきましたが、今回は以前より気になっていた「あがの姫牛」をいただくことにしました。

DSC_8376.JPG
 その中からいただいたのは、「あがの姫牛定食」(1580円、税込)です。

DSC_8383.JPG
 薄切りの焼肉に大根おろしベースの甘いたれがかかっていました。単品でも1280円ですが・・・。

 「あがの姫牛」は、地ビールの「スワンレイクビール」のビール粕を混ぜた飼料で育てた雌牛なのですが、今回の肉はやわらかい和牛のイメージとは異なっていたとだけ書いておきましょう。噛みがいがあり、味は良かったです。

 阿賀野市には、前回のブログで紹介した「ゆたからサーモン」、今回の「あがの姫牛」のほかにも、安田ヨーグルト」のホエイ(乳清)を混ぜた飼料で育てた豚の「純白のビアンカ」、清浄な五頭の伏流水で育てた鰻の「あがの夢うなぎ」もあります。「純白のビアンカ」もメニューにありましたので、次回はこれをいただいてみましょうか。

 食後にもう1度入浴して、ぬるめの強塩泉を堪能し、湯上りにはこれ。

DSC_8390.JPG
 100円というのは良心的です。

 しばしクールダウンし、小雨降る中に退館しました。

 

 


 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス