アヒル風呂を楽しむ 「極楽湯 女池店」

 所用の合間、ちょっとだけ時間が空きましたので、極楽湯女池店に行って来ました。 新潟市に3館ある極楽湯の中で、一番古く、一番コンパクトなのが女池店です。 他店同様に「鬼滅の刃」のキャンペーンをやっており、のぼりが立っていました。 日曜日の昼下がり、なかなかの賑わいでした。ホンマ健康ランドがなくなって、中央区の温浴施設は、銭湯やホテルを除…

続きを読むread more

営業日限定で営業中 「加茂 美人の湯」

 「加茂 美人の湯」は、2002年11月に開業しましたが、公共の日帰り温泉らしからぬ豪華な造りが魅力です。 しかし、濃厚な源泉が災いし、源泉のトラブルが多く、維持管理に莫大な経費が掛かり、入館者数の減少と相まって、2004年度から16年連続の赤字を計上しています。 さらに、源泉の維持管理に必要なやぐらが、老朽化して倒壊する危険があるため…

続きを読むread more

塩風呂やってます。 そしてスタンプカード 「極楽湯 槇尾店」

 シルバーウィークも今日で終わりですが、皆様方は温泉をお楽しみでしたでしょうか。今日は温泉ネタが尽きましたので、スーパー銭湯の話題です。 本日は遠出はできず、近所の「極楽湯 槇尾店」に行ってきました。 開店早々の10時過ぎに訪問。 券売機で入浴券を購入。休日料金は680円ですが、割引クーポンを利用して630円で入館しました。 開店早々の…

続きを読むread more

敬老の日は、超長生き風呂 「じょんのび館」

 今日は敬老の日。天候に恵まれ、気温もほどほどで、過ごしやすい秋晴れになりました。 ゴミ出しをし、庭の草取りをして疲労が溜まりましたので、ゆっくり昼食を摂った後「じょんのび館」に行ってきました。 入館料は、タオルセット付きで800円。館内着は100円です。 早速浴室へ向かいました。浴室の様子や泉質については、これまでに何度も紹介していま…

続きを読むread more

三島温泉「喜芳」でひと休み 掛け流しを楽しむ

 昨日は、長岡方面に行く用事があり、昼食がてらに、久しぶりに「喜芳」に寄って来ました。2019年10月以来ですので約1年ぶりになります。 いつものように、国道116号線で分水まで行き、大河津分水を渡って左折、信濃川の堤防沿いに南下し、与板市街を抜けて三島市街へと進み、快適なドライブで到着しました。 玄関前の大蛙「湯喜之助」君に挨拶して玄…

続きを読むread more

硫黄泉を満喫 咲花温泉「柳水園」

 新潟で硫黄泉といえば、全国屈指の硫黄分を誇る月岡温泉や多宝温泉が思い浮かびますが、咲花温泉も忘れることはできません。 先日、硫黄泉が恋しくなり、仕事帰りに、しばらくぶりに咲花温泉に浸かってきました。 咲花温泉は2017年7月に、「碧水荘」と「一水荘」に続けて宿泊して以来ご無沙汰してしまい、3年ぶりになります。 咲花温泉に数ある旅館の中…

続きを読むread more

八木ヶ鼻を独り占め 「いい湯らてい」

 先日、思い立って、久しぶりに三条市の八木ヶ鼻温泉「いい湯らてい」に行って来ました。2017年6月以来3年振りになりますので、随分とご無沙汰してしまいました。 三条市街から国道289号線を下田方面に車を進め、そのまま道なりにひたすら進みますと、八木ヶ鼻が見えてきます。200mに及ぶ垂直に切り立つ断崖絶壁は壮観です。この 八木ヶ鼻 を左に…

続きを読むread more

あがの姫牛を食す 安田温泉「やすらぎ」

 仕事帰りにしばしば利用している阿賀野市の安田温泉「やすらぎ」ですが、昨夜も夕食も兼ねて行ってきました。 土砂降りの雨の中、「やすらぎ」に到着。 入館前に、玄関前に増設された手洗い場で手を洗いましょう。このB級の雰囲気が魅力です 玄関では招き猫が迎えてくれます。 夜間割引600円(タオルセット付)で入館。 浴室に向かい、さっそく入浴を楽…

続きを読むread more

秋の虫を聴きながら  露天風呂独り占め「花水」

 台風9号のフェーン現象で、新潟県内は猛暑に見舞われ、三条では9月では全国一の40.4℃を記録しましたが、今度は台風10号のフェーン現象で、再び猛暑になろうとしています。 連日の猛暑で体も心も疲れきっていますが、こんなときは温泉が癒してれます。 ということで、一昨日の金曜日に、秋葉区の「花水」に行って来ました。ついこの間記事にしたばかり…

続きを読むread more

タオルセット有料化! 「さくらんど温泉」

 9月に入ってもフェーン現象による猛暑続きで、うんざりな毎日です。温泉にでも行かなければやってられませんね。 そこで、先日仕事帰りに、五泉市の「さくらんど温泉」に行って来ました。6月以来、2ヶ月ぶりです。 仕事を終えて、国道49号線から五泉方面に進み、阿賀野川を渡って論瀬交差点を左折。いつもの信号のない農道経由で、たいして時間もかからず…

続きを読むread more