混雑避けて独り占め 「馬下保養センター」

 仕事帰りのひと風呂は、私の心身の健康維持に欠かせませんが、「花水」や「やすらぎ」ばかりではワンパターンですので、先週の某日、五泉市の「馬下保養センター」に行ってきました。前回来たのが昨年8月でしたので、半年ぶりになります。

DSC_9134.JPG
 国道49号線を阿賀野市から会津方面に進み、国道290号線の馬下橋を渡って阿賀野川の対岸へ渡ります。少し進んで左折して磐越西線の踏切を渡り、細道を少し進んで左折、さらに左折して坂道を上って行きます。しばらく進んだ先に「馬下保養センター」があります。向かいは特別養護老人ホーム「菅名の里」です。
 国道49号線とは阿賀野川を挟んだ対岸の高台にあり、眼下に阿賀野川が流れています。
 記録的豪雪からしばらく経ちますが、道路沿いの雪はまだ多く残っており、車のすれ違いは大変ですので、対向車が来ないかと冷や冷やでした。

 駐車場には車が3台のみでしたが、私と入れ替わりに1組が出て行かれました。

DSC_9163.JPG
 玄関を入りますと、左手に下足箱がありますが、鍵なしです。利用者は少ないはずですが、なぜか下足箱の多くは使用中であり、空いているのを探すのも大変だったりします。この辺はなかなかユニークです。

DSC_9161.JPG
 受付のおじさんに料金を払います。入館料は大人500円、小人250円でタオルなしです。営業時間は9時から20時まで、定休日は第4水曜日です。

DSC_9135.JPG
 廊下を歩いた先の右手に男女浴室があります。

DSC_9136.JPG
 脱衣場には脱衣棚に脱衣かご、鍵付き貴重品ロカーもあります。

DSC_9159.JPG
 洗面台にはドライヤーがあります。

 浴室に入りますと、もうもうとした湯気。先客が2人おられましたが、ほどなくして退室され、以後私だけの独り占めとなりました。

DSC_9137.JPG
 浴室内には、窓際に大浴槽がひとつのみです。

DSC_9147.JPG
 両側の壁際に洗い場が4か所ずつあり、ボディソープ、リンスインシャンプーがあります。

DSC_9142.JPG
 浴室の壁はヒノキだそうで、茶色い木目が落ち着きを醸し出しています。

DSC_9157.JPG
 「内装の新しいヒノキは生木を使用していますので、若干の歪みが出ております。現在調整中ですのでご了承ください。」と掲示されていましたが、どこが悪いのかはわかりませんでした。

DSC_9158.JPG
 さて、浴槽には湯口から大量の湯が注がれています。

DSC_9143.JPG
 循環式ですが、わずかながらオーバーフローがあります。

DSC_9154.JPG
 無色透明で、ほとんど無臭ですが、わずかな塩味があります。一見特徴のない湯ですが、トロトロ感があり、カルキ臭さはなく、特に不満はありません。

DSC_9150.JPG
 湯温は41.5℃を掲示。

DSC_9140.JPG
 ちょっとぬるめに感じました。注湯口からは加熱源泉が投入されていて湯温が高めでしたので、ここでじっくりと温まりました。

DSC_9152.JPG
 その後徐々に湯温は上昇し、最終的には42.0℃に落ち着きました。

DSC_9155.JPG
 さて、源泉名は馬下温泉。泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)、源泉温度29.2℃、使用位置42℃です。

 主な成分(イオン濃度:mg/kg、平成27年4月17日分析)は、Li 0.4、Na 386.7、K 4.6、NH4 0.7、Mg 2.7、Ca 320.4、Sr 4.3、Ba 0.0、Al 0.0、Mn 0.1、Fe(II) 0.3、Cu 0.0、Zn 0.0、F 2.0、Cl 383.2、Br 1.0、I 0.8、NO2 0.0、NO3 0.0、HS 0.0、HSO4 0.0、S2O3 0.0、SO4 1014、HPO4 0.0、HCO3 53.7、CO3 0.0、メタケイ酸 28.5、メタホウ酸 5.4、遊離CO2 0.9、遊離H2S 0.0 など、ガス性除く成分総計は2209mg/kgです。

 加水なし、入浴に適した温度に保つため加温、温泉資源の保護と衛生管理のため、ろ過装置を使用し循環、入浴剤使用なし、衛生管理のため塩素系消毒剤を使用とのことです。
 そのほか自主衛生管理として、毎日浴槽の湯を入れ替え、常に浴槽より温泉を溢水させ排水、毎夜間浴槽内の洗浄、毎朝、日中に浴室、脱衣所の清掃を実施という掲示もありました。

 源泉温度が低いですので、加熱・循環・濾過は仕方ないですが、温泉パワーは侮れず、温まりは抜群です。
 咲花温泉の隣ですが、硫黄泉の咲花温泉とは全く異なり、泉質的には対岸の宝珠温泉とよく似ています。

 窓の外は雪景色。

DSC_9149.JPG
 窓越しでしたが、雪見風呂ということになりましょうか。

 湯上りに、大広間でひと休み。

DSC_9160.JPG
 暖房が効いていて心地よかったですが、大広間が広すぎて、独り占めは心苦しかったです。

 大浴槽があるだけで、サウナも露天風呂もありません。逆にそのシンプルさが魅力でもあります。混み合うこともなく、蜜を避けてゆったりと過ごすには最適です。

 私が最後の客となって退館しました。暗い夜道を進んで家路につきましたが、汗がなかなか引かないで困りました。やはり温泉は違いますね。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)