3月も・・「平日夜割り600円」

 毎月恒例になった「平日夜割」のご案内です。毎月このような記事を書いていて、完全に「花水」の広報係になってしまいました。なんの報酬もありませんけれど・・。

 昨年夏から毎月更新し続けた「期間限定」の「平日夜割」が、3月も継続されています。

b9abc411164f3c89bcf729e96ffccff1-1110x1570.jpg
 毎月1日に届く「花水」からのメールには、今月も「夜18時から20時30分までにご入館していただくと大人600円(税込)! 小人200円!さらにメンバーズカードのポイント対象です!」とありました。
 「期間限定」と断りながら、半年以上も続けているわけで、もう「期間限定」という表現は止めるべきでしょう。
 なお、「夜割」と同様に、平日10時から11時までの入館が600円という「平日朝割」も継続されています。

 ということで、「期間限定」という言葉に弱い私は、文句を言いながらも、今月も利用することにしました。
 まあ、割引があることに関して文句を言うこともないので、ありがたく利用させていただきます。

 先日、某所での会議が予想より早く終わり、時間が空きましたので、先月初めから1か月ぶりに「花水」に寄ってきました。

DSC_9249.JPG
 いつものように観音様にお参りしました。

DSC_9251.JPG
 玄関先のPC式の体温モニターの横に、お馴染みの「夜割」の看板がありました。

DSC_9248.JPG
 通常料金800円が、夜割で600円ですが、タオルセットも借りて、750円で入館しました。

 平日夜の館内は空いていました。

IMG_20210302_184912.JPG
 奥の浴室に直行。

 浴室内は予想外に空いていて、大浴槽は無人でした。いつもの窓際の注湯口前の丸太に頭をのせて温まりました。
 この日の湯温はぬるめで、泡付きもなく、ちょっと不満でした。しかし、無色透明ながらもトロトロ、ツルスベの湯は、飲んでも美味しく、加水・循環は残念ですが、大好きな湯です。

 しばらく独占入浴を楽しんだところで次の客が来られましたので、露天風呂に移動しました。

 露天風呂も無人で、静かな空気が流れていました。湯温は内湯より若干高めで、気持ち良かったです。
 奥の浴槽内注湯口から加熱源泉が出ており、そこで背中炙りをして温まりました。
 庭の雪は消え、雪見風呂を楽しめなくなりました。もう3月ですものね。

 次の客が来るまでは浴槽から出ないと誓って頑張りましたが、なかなか客が来ません。ゆでだこ状態になって、もう限界というところで、ようやく次の客が来てくれて助かりました。
 何も我慢することもないのですが、これが私の生きる道・・、なんちゃって。温泉へのリスペクトです。

 内湯に戻りますと、混雑というほどではありませんが、数人の客で賑わっていました。いいタイミングで独り占め入浴できて良かったです。

 浴後は、止まらぬ汗をバスタオルで拭いながら、ヒーリングルームでクールダウン。

DSC_9241.JPG
 ここも空いてました。もう水槽は復活しないのでしょうね。

 畳敷きの休憩所はがらんとして寂しく感じました。

DSC_9246.JPG
 テーブルがないと殺風景ですね。

DSC_9247.JPG
 ティーサーバーのお茶をいただきながらひと休み。

DSC_9242.JPG
 広間の中央では休みにくく、どうしても壁際に行ってしまいます。

 場所を変えて、廊下横の休憩スペースでこの原稿を書き始めました。

DSC_9245.JPG
 頃合いをみて退館しましたが、帰りに割引券をいただきました。

DSC_9252.JPG
 なんだかんだ言いながらも好きな温泉です。また来月も「夜割」やるんでしょうか。楽しみにしたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス