さくら咲く やっぱり薄味  「だいろの湯」

 新潟市西蒲区、岩室温泉の外れにある多宝温泉「だいろの湯」。オープン以来のファンであり、その変遷を見守ってきました。
 新潟県第2位、全国でも有数の硫黄泉なのですが、源泉の経年変化によるパワーダウンは否めません。
 この問題は何度となくこのブログで取り上げ、先月のブログでも泉質変化について考察しましたが、その後の状況を確認するため、先日行ってきました。

DSC_9436.JPG

 見上げますと、玄関前の桜がピンクの花を咲かせていました。

DSC_9430.JPG

 まだ咲き始めでしたが、青空をバックにきれいでした。

DSC_9425.JPG

 玄関横の飲泉所で温泉をひとなめして入館。

DSC_9429.JPG

 入館料はタオルセット付で880円(平日17時以降は660円)です。

 掛け湯をして、2号源泉の内湯大浴槽に浸かります。淡白色微混濁の湯は、やわらかな硫黄泉で、温まりも良好です。湯口から注がれた加熱源泉は、浴槽縁から十分量掛け流されており、鮮度も良好です。

 続いて、問題の1号源泉の大庭園露天風呂へ。これまで同様に、ごくわずか緑がかってはいますが、ほとんど無色透明です。硫化水素臭はありますが、往年のパワーはありません。飲んでも硫黄味は薄く、先回の印象そのままでした。

 天井に、地下1209メートルから毎分162L湧出する源泉を、男女80Lずつ掛け流し、源泉温度は55.2℃ ですが、熱交換で内湯の2号源泉に8℃与え、47℃で供給していると書いてありますが、これは開業時から掲示されている古き良き時代のもの。現在は異なっているはずです。

 一方、内湯には、平成6年に掘削された1号源泉の隣に、平成7年に井戸を掘り、地下300メートルから湧出した源泉を内湯に使用していましたが、平成18年11月に、県の指導により温泉登録した旨が掲示されています。毎分833L湧出する源泉を、男女それぞれ毎分200Lずつ、熱交換で1号源泉から8℃もらい、48℃で掛け流ししていると書いてあります。
 この掲示も以前からのものであり、現在は異なっているはずです。現在の源泉温度は26.8℃ですので、1号源泉との熱交換で8℃もらったところで34.8℃ですから、1号源泉との熱交換だけでは賄いきれないはずなのですが、どうなんでしょう。

 内湯も大庭園露天風呂も、温度ムラをなくすため撹拌をしていますが、濾過はしていないことを強調しています。
 撹拌のためと言っても循環装置を使用しているわけですから、厳密には掛け流しと言って良いのか疑問もありますが、源泉供給分はオーバーフローさせているので、掛け流しで良いのでしょう。掛け流し量と浴槽の大きさを考えますと、内湯の鮮度が一番高いと思います。

 もうひとつの3号源泉の露天風呂は、従来のままのようです。無色透明の湯は、塩味のほかに軽い硫黄味があります。源泉を非加熱で使用しているため、この季節では湯温はぬるく、この日はほぼ不感温度。クールダウンには最適でした。
 湯温はその日により異なり、もっと温かいこともあります。源泉供給量で温度調整しているのかもしれません。ここも浴槽内の温度を均一に保つため循環装置を使用しています。
 湧出量が毎分800Lと多く、「わたや」や「ドーミーイン」に源泉供給しているのですが、個人的には1号源泉や2号源泉より魅力に欠けるように思います。

 浴室には、このほかにドライサウナがありますが、狭いですので、新型コロナ後は蜜を避けて利用していません。
 サウナ横に18℃の水風呂がありますが、これは敷地内からの地下水だそうです。

 洗い場は仕切り付で、7+10の17ヵ所。ボディソープとリンスインシャンプーがあります。

 湯上がりに広間でひと休み。タイミングなのでしょうが、空いていました。

DSC_9415.JPG

 いつもの一杯。

DSC_9414.JPG

 110円です。まあ、安い方でしょう。

DSC_9417.JPG

 ロビーでもうひと休みして退館しました。

 ということで、1号源泉は、今回もやっぱり薄味でした。かつての濃厚な源泉を、3号源泉で割った印象です。
 往年のパワーを知らなければ、これはこれでいいお湯なのですが、知っている身には寂しさを感じます。

 前回のブログで考察しましたように、過去と現在を比べますと、1号源泉は総硫黄が私の概算で81.5mg/kgから43.1mg/kgに半減している代わりに、ガス性除く成分総計が1853mg/kgから4888mg/kgへと濃厚になっています。
 3号源泉は、総硫黄が5.3mg/kgから13.8mg/kgへと大きく増加し、その代わりにガス性除く成分総計は、6696mg/kgから4820mg/kgへと薄くなっています。
 これらを総合的に考えますと、地下の奥深くで、1号源泉の湯脈と3号源泉の湯脈が交じり合っていると考えると説明ができそうに思いますが、いかがでしょうか。

 分析表の数字を見ていますと、地下での営みの神秘が垣間見えるようで、想像は膨らむばかりです。こんなことを楽しんでいるのは私くらいでしょうけれど。

 帰りには、いつものように受付で紙コップとカルピスをいただき、飲泉所へ。

DSC_9421.JPG

 源泉をそのまま飲んでも不味いですが、温泉カルピスは美味しいですよ。

DSC_9419.JPG

 皆さんも是非味わってください。

 帰り際に駐車場横の桜の花見。

DSC_9427.JPG

 この桜の品種は知りませんが、「だいろの湯」周辺の桜は毎年早く咲いて、一足早く春到来を感じさせてくれます。

DSC_9435.JPG

 訪問時から数日経過していますので、今頃はもっと咲いているものと思います。
 これから県内でも順次桜開花の話題が報じられることでしょう。いよいよ本悪的な春ですね。大雪に開けくれた冬が嘘のようです。

 帰り道、毎度のことながら口腔内には胃から硫化水素臭がこみ上げてきました。これも飲泉の楽しみですね。

 なんだかんだ言っても、3つの源泉を掛け流しで楽しめて、飲泉までできるんですから、「だいろの湯」はたいしたものです。これからも「だいろ」通いはやめられません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス