"安田温泉ゆたからサーモン" 今夜は「やすらぎ」

 12月になり、落ち着かない天候が続いています。冷たい雨が降り続いた後は雪模様。身も心も冷え冷えです。こんなときはやはり温泉ですね。 とはいうものの、遠出できるわけでもなく、頼りになるのは身近な温泉。今回の話題もいつもの安田温泉「やすらぎ」です。 心身の疲労が蓄積し、体も心も冷え切ってしまいましたので、先日の夜、仕事帰りに寄ってきました…

続きを読むread more

1年ぶりに・・月岡温泉「白玉の湯 華鳳」

 昨日は月岡温泉「白玉の湯 華凰」で今年最初の忘年会があり、宿泊してきました。昨年12月以来、1年ぶりの利用です。 17時前に到着し、9階の部屋まで案内してもらいました。早速浴衣に着替え、1階の大浴場へ向かいました。 吹き抜けには恒例のクリスマスツリーが飾られていました。 大浴場は夕食前に入浴する人たちでにぎわっていました。内湯には巨大…

続きを読むread more

12月15日オープン! 「スパ&ラウンジ長潟」

 新潟市中央区長潟、ビッグスワン近くの、以前「バイキング網元」があった場所に、「スパ&ラウンジ長潟」が建設中です。 会員制施設で、天然温泉ではないものの、露天風呂があり、飲食もできるということはアナウンスされていましたが、それ以上の情報はありませんでした。 どんな施設になるのか気になっていましたが、オープンが近づき、少しずつ詳細が分かっ…

続きを読むread more

チョココーヒーの湯 今日は「極楽湯 女池店」

 今日は勤労感謝の日。とは言え、我が家には感謝してくれる人などおらず、ストレスのみ与えられています。こんなときの慰めは、やはり温泉ですね。 今日は朝から快晴の空。いつものように、亀の水槽の水替え、猫トイレの掃除、家中の掃除機掛けを終え、ごみ出しに外に出ますと、春のような暖かさにホッとしました。いつもこんな天気だといいですね。関東は雨との…

続きを読むread more

足湯閉鎖中   新発田温泉「あやめの湯」

 今日は日曜日ですが、午後から新発田市内で仕事でした。せっかくの新発田遠征でしたので、少し早めに家を出て、ひと風呂浴びてから仕事に臨むことにしました。 国道7号線を北上。新発田市街を抜け、羽越線の陸橋を渡り、次の交差点を案内板に従って右折し、少し進むと右手に新発田温泉があります。 隅には温泉スタンド。 そして、玄関前に無料の足湯があるの…

続きを読むread more

「あかまつ荘」に浸かりながら消え行く温泉を想う

 今月21日から休館する「竜神の館」。30日で閉館する「湯処よーへり」。残された時間はあとわずかです。 最後の入浴を味わい、記憶に留めたいという気持ちが強いのですが、休日も仕事がらみで遠出はできません。しかたなく、身近な温泉に浸かりながら消え行く温泉を偲びましょう。 ということで、今回もまたまた「あかまつ荘」です。新潟県で「あかまつ荘」…

続きを読むread more

11月21日より営業休止 竜ヶ窪温泉[「竜神の館」

 先週掲示板に、津南町の竜ヶ窪温泉「竜神の館」が、赤字続きのため、11月21日から冬季の休業に入り、再開は未定との情報があり、どうなるか心配していたのですが、今朝の新潟日報に詳しい記事が出ていました。 「竜神の館」は、平成9年にオープンした津南町の温泉施設で、津南町が53%出資する第三セクター「竜ヶ窪温泉」が運営してきましたが、経営難が…

続きを読むread more

夜の温泉独り占め 「馬下保養センター」

 11月に入り、秋も深まって紅葉真っ盛りです。気温が下がり、日没は早くなり、季節は確実に冬へと向かっています。 身も心も冷え込む毎日であり、そんな心身を温め、癒してくれるのは温泉です。 ということで、先日仕事帰りに五泉市の「馬下保養センター」に行ってきました。前回行ったのが今年の4月でしたので、7ヶ月ぶりになります。 仕事を終えて、阿賀…

続きを読むread more

今日は白骨の湯 「極楽湯 槇尾店」

 この連休は仕事。今日は午後から仕事だったのですが、仕事前に一風呂浴びて英気を養いました。 とは言え遠出はできませんから、毎度おなじみの「極楽湯 槇尾店」です。 10時の開業とともに入館。休日料金680円を払って浴室へ。 営業開始直後の一番湯をいただくことができました。 各種浴槽を楽しみ、サウナで自律神経をリセット。露天風呂の壺湯(美泡…

続きを読むread more

紅葉見ながら露天風呂 泡付き最高! 「花水」

 11月になり、紅葉真っ盛り。新潟平野を取り囲む山々は赤く色づき、田んぼでは白鳥たちが落ち穂をついばんでいます。季節は確実に移ろっています。 今日は天候に恵まれ、絶好の行楽日和、風呂日和となりました。山の温泉でゆったりというのが本道でしょうが、出かける余裕はなく、近くの「花水」でがまんです。 所用を済ませ、「花水」に到着。いつものように…

続きを読むread more

料金据え置き 福寿温泉「じょんのび館」

 今日は新潟市西蒲区、角田山の麓にある「じょんのび館」でひと休みしてきました。 「じょんのび館」は、ふるさと創生資金を利用して、旧巻町が建設し、第三セクターの「福井開発」が指定管理者といて運営しています。 1993年のオープンであり、県内に林立する日帰り温泉の先駆け的な施設です。当時は温浴施設は限られており、「ホンマ健康ランド」、「中越…

続きを読むread more

おかげさまで23周年!

 「にいがたB級情報ファイル」、そして「新潟県内日帰り温泉おすすめ情報」の開設は、1996年10月23日です。おかげさまで本日めでたく23周年を迎えることができました。 個人でこれほど長期に継続しているサイトは珍しいのではないかと自負(自己満足)していますが、いかがでしょうか。 開設当時は、Windows 3.1 からWindows 9…

続きを読むread more

単純じゃない単純温泉。いいお湯です。花みずき温泉「喜芳」

 今日は長岡に行く用事があり、少し早めに家を出て、花みずき温泉「喜芳」でひと休みしました。前回行ったのが5月でしたので、5ヶ月ぶりです。 いつものように、分水・与板経由で三島入り。快適に車を走らせ、11時に到着。日曜日ではありましたが、まだ混みあってはいませんでした。 玄関前では「湯喜之助」という蛙の出迎え。 下足箱に靴を入れて受付へ。…

続きを読むread more

550円かあ・・ 月岡温泉「美人の泉」

 10月1日からの消費増税。値上げした施設、しなかった施設、いろいろですが、「美人の泉」は値上げされました。 実際にどうなのか、確認のため、先日の夜、仕事帰りに行ってきました。 券売機で入浴券を購入。  料金は、大人550円、小人330円(タオルなし)となっていました。旧料金は税込520円でしたので、税抜では481円。消費税10%では…

続きを読むread more

沸かし湯営業350円! 聖籠観音の湯「ざぶーん」

 この連休は仕事。午後に昨日からの勤務を終え、仕事帰りのひと風呂ということで、「ざぶーん館」に寄ってきました。 台風通過後、一気に気温が下がって肌寒さを感じるほどです。こんなときは強塩泉ですね。ということで聖籠まで遠回りした次第です。 玄関先にはこんな掲示がありました。 今日は源泉ポンプの不具合で、沸かし湯営業だったようです。最近このよ…

続きを読むread more

「だいろの湯」お前もか・・

 10月1日の消費増税とともに、日帰り温泉の多くが値上げされました。「極楽湯」のように、最小限の値上げの施設もありますが、増税分以上の便乗値上げの施設も多々あります。 弥彦・角田山周辺の温泉では、「じょんのび館」、「ヴィネスパ」、「さくらの湯」等は値上げされませんでしたが、「だいろの湯」は値上げされたと聞き、どんな状況か、確かめるべく、…

続きを読むread more

夜間割引値上げせず 安田温泉「やすらぎ」

 10月1日の消費税増税により、多くの日帰り温泉は料金改定されました。増税分だけの値上げなら理解できますが、便乗値上げの施設が多いのは困りものです。 「やすらぎ」の料金改定が行われたはずなのですが、公式HPは本日(10月12日)現在、未だに変更されておらず、実際にどうなのか確かめるべく、先日の夜に行ってきました。(チラシは変更されている…

続きを読むread more

清津峡温泉「いろりとほたるの宿せとぐち」

 清津峡シリーズが続きましたが、これが最後ですので、お付き合いください。 中里市街から国道353号線を清津峡方面に進み、トンネルの手前を右折し、清津川を渡ってすぐにある一軒宿が、「いろりとほたるの宿せとぐち」です。 一見民家との区別がつきませんが、「清津峡ホテル せとぐち」という看板があって、ここだとわかります。 ずいぶん前に訪れたこと…

続きを読むread more

清津峡湯元温泉「清津館」に行ったけど・・

 清津峡には、前に紹介した「湯処よーへり」のほか、小規模な旅館・民宿、土産物店が小さな温泉街を形成しています。 その中で、清津峡渓谷トンネルの入口に一番近く、一番大きな宿が、日本秘湯を守る会の会員でもある「清津館」です。 この旅館は独自の源泉を持ち、湯元ということで、清津峡小出温泉ではなく、清津峡湯元温泉と名乗っています。 ということで…

続きを読むread more

清津峡渓谷トンネル 「エントランス施設 足湯」

 前回、清津峡小出温泉を紹介しましたが、トンネル見学した折に立ち寄ったエントランス施設の足湯を紹介します。  清津峡は、黒部峡谷(富山)、北山峡(三重)と並ぶ日本三大峡谷に数えられ、ほんど垂直に近いくらいに切り立つV字型の断崖絶壁、幾重にも重なる柱状の岩(柱状節理という)が驚きです。 かつては断崖の細道をびくびくしながら通らなければな…

続きを読むread more

11月末で閉館! 清津峡小出温泉「湯処よーへり」

 大地の芸術祭をきっかけに爆発的人気になった十日町の清津峡。ここにある日帰り温泉施設の「湯処よーへり」が、2019年11月30日をもって閉館するというニュースがこの春にあり、閉館前に是非行かねばと思い続けていましたが、漸く行ってきました。 清津峡を見学するには、かつては崖沿いの危険な小道を歩かねばならず、落石事故の犠牲者も出ていました。…

続きを読むread more

たまには夜の 「さくらんど温泉」

 このところ精神的疲労が蓄積。気温も低くなって温泉が恋しくなり、ストレス解消のため、仕事帰りにひと風呂してきました。 今回は五泉市の「さくらんど温泉」です。前回は5月でしたので、4か月ぶりになります。 いつものように、安田ICから五泉方面に進み、阿賀野川を渡って、論瀬交差点を左折。農道を道なりに進み、磐越西線の下をくぐって直進。国道29…

続きを読むread more

シルバーサービス月間実施中 秋葉温泉「花水」

 今日は敬老の日。一応孫のいる身ですが、誕生日や父の日と同様に、何事もなく時間が過ぎています。家にいますと邪魔にされますので、秋葉区の「花水」に行って来ました。 入館料はタオルセット付950円ですが、今月は敬老の日に因んで、60歳以上のシルバーエイジは、800円に割引です。 次回も割引になるクーポン券ももらえますので、シルバーの方は、利…

続きを読むread more

10月から値上げ 「極楽湯 槇尾店」

 今日は朝起きたら快晴。気持ち良い青空が広がっていました。温泉で朝湯といきたいところでしたが、昼から用事があって、出かけることはできず、次善の策として「極楽湯 槇尾店」に行ってきました。 10時の開店とともに妙齢のご婦人方が先を争うように入店し、ちょっと圧倒されながら私も後を追いました。一番風呂を楽しむ人が多いようですね。 休日料金67…

続きを読むread more

夏は ぬるめの強塩泉 安田温泉「やすらぎ」

 猛暑続きのこの夏でしたが、しばらく涼しい日が続き、このまま秋に突入かと思いましたが、再び猛暑がやってきました。昨日は秋葉区で35.1℃を記録。もう稲刈りも始まったのですけれど・・。 でも、暑さに負けてはいられません。寒暖の差でなまった体を癒すには、やはり温泉でしょう。 ということで、昨日は仕事帰りに、安田温泉「やすらぎ」に寄ってきまし…

続きを読むread more

朝日を浴びて露天風呂 「ヴィネスパ」

 今日は仕事だったのですが、仕事に出かける前に、新潟市西蒲区の「ヴィネスパ」で朝湯を楽しんできました。 ここは新潟市西部の角田山山麓にあるカーブドッチワイナリーに併設された温泉施設です。2009年4月22日のオープン以来の常連を自負し、このブログの登場回数もおのずと多くなっています。 タオルなし1000円という高額な料金設定にも関わらず…

続きを読むread more

夜間割引300円なら・・宝珠温泉「あかまつ荘」

 このところ多忙で温泉にも行けず、ストレスが蓄積しています。スーパー銭湯やら近くのなじみの温泉で癒しております。 ということで、昨夜も仕事帰りに阿賀野市の宝珠温泉「あかまつ荘」に寄ってきました。今回は新しい話題もないのですが、ネタ切れですのでご容赦ください。 下足箱に靴を入れ、鍵は自分で保管。券売機で入浴券を買います。通常料金500円で…

続きを読むread more

ぐでたまの湯? 「極楽湯 槇尾店」

 全国の極楽湯では、この夏(7月24日~9月30日)、サンリオのキャラクターの「ぐでたま」とのコラボキャンペーンが開催されています。 新潟の極楽湯3館でも、食事処のコラボメニューはやっていませんが、グッズ販売のほか、「ぐでたま」をイメージしたコラボ風呂「ぐでたまの湯」をやっています。 女池店では8月13日~18日、槇尾店では8月20日~…

続きを読むread more

深層湯温泉「紫雲の郷」で、温泉とらふぐを食す

 新発田市の海岸部にある「紫雲の郷」に久しぶりに行ってきました。前回行ったのが3年前ですので、随分と久しぶりになってしまいました。 「ざぶーん」~「紫雲の郷」~「塩の湯温泉」~「西方の湯」と連なる下越海岸部の強塩泉群の中間に位置し、他の温泉同様に、個性的な湯は存在感がありますが、国道から奥まったところにあり、ついつい通り過ぎてしまいます…

続きを読むread more

雪だるま温泉「雪の湯」が2020年11月末で閉館!

 今朝の新潟日報記事によりますと、上越市安塚区のキューピットバレイスキー場にある日帰り温泉施設「雪だるま温泉 雪の湯」が、老朽化による設備の不具合と源泉の湯量減少のため、2020年11月末で休止されるとのことです。 施設は上越市の所有で、指定管理者が運営していますが、市は、同じ源泉を使用している宿泊施設「久比岐野」の浴槽を3倍に拡張し、…

続きを読むread more

目に鮮やか、エメラルドグリーン 月岡温泉「美人の泉」

 この夏は遠出する予定もなく、大人しく過ごしております。近くの温泉を巡っていますが、硫黄泉が恋しくなり、月岡温泉に浸かってきました。 忘年会やら新年会やらで、毎年何度か宿泊していますし、立ち寄り湯の利用も多いですが、月岡の湯は飽きることがありません。 今回は手軽に利用できる「美人の泉」です。いつも夜ばかりですので、今回は昼に行ってきまし…

続きを読むread more

暑い夏こそ・・ 「塩の湯温泉」

 連日の猛暑。暑さには熱さで対抗しましょう。暑い夏こそ熱い温泉です。と言いながら、先日はかのせ温泉の「赤湯」にノックアウトされてしまいました。 そのリベンジということでもないですが、「赤湯」と同様に、熱い湯で知られる胎内市の「塩の湯温泉」に行ってきました。 胎内市といえば、40.7℃という今シーズンの日本最高気温を記録したばかりです。そ…

続きを読むread more

ぬる湯はじめました 「極楽湯 女池店」

 連日の猛暑でうんざりの毎日です。暑いときこそ熱い温泉と、思う気持ちだけはあるのですが、暑さに負けて、遠出する元気がありません。こんなときは近くて便利なスーパー銭湯が便利です。 今日は山の日の振り替え休日。山の温泉に行きたいところですが、雑草だらけの庭の草取りに励みました。汗びっしょりとなり、シャワーで流した後、「極楽湯」に出かけました…

続きを読むread more

激熱に降参! かのせ温泉「赤湯」

 猛暑が続いています。暑さに負けて体調も狂いっぱなし。こんなときは、温泉で元気をもらわねばなりません。 暑さでなまった体に喝を入れるには、熱い温泉が最適ではないでしょうか。 ということで、先回は冷泉風呂を紹介したばかりですが、今回は、その対極と言える熱い温泉です。 新潟県内で熱い温泉といえば、塩の湯温泉の「サンセット中条」が思い浮かびま…

続きを読むread more

夏季限定・冷泉風呂 七福温泉「七福荘」

 春の長期予報では冷夏のはずだったのですが、連日の猛暑にうんざりの毎日です。温泉どころでもない気もしますが、温泉で汗を流した後の爽快感もひとしおです。 暑い夏こそ熱い温泉! と言いたいところですが、ここまで暑い日が続きますと、冷たい温泉が良いですね。 ということで、夏季限定の冷泉風呂をやっている阿賀町の七福温泉「七福荘」に行ってきました…

続きを読むread more

露天風呂やってます・・「西方の湯」

 胎内市の海岸部にある「西方の湯」。毎年新年の初湯はここと決めて久しくなりました。もちろん今年の初湯もここで、新年の一番湯をいただきました。 この「西方の湯」は、源泉井戸の定期点検のため、「塩の湯温泉」とともに、毎年6月に臨時休業となります。そして、この休業明けから露天風呂がオープンするのが楽しみになっています。 ということで、今年も露…

続きを読むread more

湯雨竹? 瀬波温泉「木もれびの宿 ゆのか」

 2013年9月末で閉館した瀬波温泉の「夕幸の森」が、2017年初めに「木もれびの宿 ゆのか」としてオープンしたことは知っていましたが、当初は立ち寄り入浴できず、そのまま記憶の外に行ってしまっていました。 そんな中、私の掲示板に「木もれびの宿 ゆのか」の情報の投稿があり、気になっていましたので行って参りました。  瀬波温泉の内陸側、「…

続きを読むread more

ツルツル・スベスベ 紅茶色 1年ぶりに 「灰下の湯」

 先日久しぶりに長岡市の「灰下の湯」に行ってきました。振り返ってみますと、なぜか毎年7月に行っており、前回から1年ぶりの訪問でした。 長岡市中心部から、国道8号線を柏崎方面に進み、三島谷温泉への交差点を過ぎ、峠に向かってしばらく進みます。 大積橋の天前を左折しますと、左手に看板がありますので、奥に向かって進みます。 初めてに人は不安にな…

続きを読むread more

眺めは最高! 「ごまどう湯っ多里館」

 田上町の「ごまどう湯っ多里館」は、「源泉工事」のため、6月19日~7月11日まで、沸かし湯営業になっていましたが、7月12日より通常の温泉営業となりました。工事により源泉がどうなったのか気になりましたので、確認のため行ってきました。 駐車場に車をとめ、エレベーターで上に上がります。 長い通路の先に「ごまどう湯っ多里館」があります。 通…

続きを読むread more

田上に行ったら・・「心起園」

 田上町と言えば「湯田上温泉」。そして日帰り温泉といえば「ごまどう湯っ多里館」ですが、もうひとつ、知る人ぞ知る隠れた温泉があります。 それは、「田上町老人憩いの家・心起園」です。ここは、湯田上温泉とは別の独自の源泉が使用されています。 本当は「ごまどう湯っ多里館」目当てで行ったのですが、せっかく田上に来ましたので、久しぶりにここに寄るこ…

続きを読むread more

入館料割引中! 何も変わらぬ..「極楽湯 松崎店」

 今月から「湯ったり苑」が「 極楽湯」となり、どう変わったのか、「極楽湯 槇尾店」、「極楽湯 女池店」と行ってみましたが、浴室、館内設備、食事処など、「湯ったり苑」時代と何ら変わらず、変わったのは名前だけでした。残る「極楽湯 松崎店」はどうなのか確認すべく、行って参りました。  他店と同様に、玄関先に「極楽湯」と染め抜かれた暖簾が掛か…

続きを読むread more

中身は変わらず..「極楽湯 女池店」

 新潟市内の「湯ったり苑」は、7月1日から極楽湯に営業譲渡され、極楽湯直営となりました。 どう変わったのか気になり、早速「極楽湯 槇尾店」に行ってみたのですが、変わったのは名前だけで、他は「湯ったり苑」のままで拍子抜けでした。 ならば、「極楽湯 女池店」はどうなのかということで、確認のため行ってきました。 玄関に「極楽湯」と染め抜かれた…

続きを読むread more

変わったのは名前だけ 「極楽湯 槇尾店」

 新潟市内の「湯ったり苑」3館は、7月1日付で「極楽湯」に営業譲渡され、7月2日より「極楽湯」として営業開始されました。 今日は午後から仕事だったのですが、どうなったか気になりましたので、朝の開業とともに行ってきました。 道路沿いの看板、駐車場の看板は「極楽湯」に表示が変わっていましたが、それ以外は以前と不変です。 玄関にあった「湯った…

続きを読むread more

お詫び その後

このブログシステムは未だに不具合だらけで、どうしようもありません。PC版は自己努力でかろうじて見られるように修正しましたが、スマホ版は機種によるかもしれませんが全く機能していません。スマホでご覧の皆様にはご不便をおかけしていますが、どうしようもない状況です。こんな問題だらけのシステム変更をしたブログ運営会社の姿勢は糾弾されるべきでしょう…

続きを読むread more

お詫び デザイン変更

 このブログは、BOGLOBEウェブリブログを利用していますが、本日から仕様が変更され、強制的にデザインが変更されました。 これまで親しんだデザインや機能が使用できなくなり、見映えも全く変わってしまいました。 もう少し見やすくカスタマイズできれば良いのですが、どうしようもありません。 はなはだ不本意なのですが、ブログ運営会社の方針ですの…

続きを読むread more

今日でお別れ?  「湯ったり苑」

 以前のブログで紹介しましたように、長野、新潟、埼玉、宮城県内で、「湯ったり苑」6館を運営するタカチホ(長野市)は、2019年7月1日付で、「まめじま湯ったり苑」(長野市)を除く5館を、温浴施設「極楽湯」を全国で40店舗(フランチャイズ含む)展開している極楽湯ホールディングスに事業譲渡します。  これに伴い、新潟市内の「女池」、「松崎…

続きを読むread more

ホタルもいいけど.. 「じょんのび館」

 梅雨真っ盛りで、じめじめの天候でうんざりです。でも、この時期はホタルの季節でもあります。  岩室温泉では「冬妻ほたる祭り」が開催中で、賑わっていますが、となりの福寿温泉「じょんのび館」周辺もホタルの名所として知られます。  矢垂川周辺は「ほたるの里公園」として整備され、「ほたるの里交流館」もあり、「じょんのび館」とつながっています…

続きを読むread more

露天は白濁 「ほてる大橋 館の湯」

 岩室温泉の「湯めぐりパスポート」がもう1回分あり、どこにしようか思案しましたが、結局すぐに入浴可能だった「ほてる大橋 館の湯」にしました。前回利用したのが2014年6月でしたので、ちょうど5年振りです。  「館」のようなエントランスが非日常的気分を味わえていいですね。夜にはかがり火が焚かれて、ムードを演出してくれます。 …

続きを読むread more

展望大浴場独り占め 「めんめん亭わたや」

 以前のブログで紹介しましたが、毎年恒例の岩室温泉の「冬妻ほたる祭り」が、今年も6月15日(土)から7月7日(日)まで開催されています。  この期間中に毎日使える「湯めぐりパスポート」(2回分1200円)が発売されており、今年の参加施設は、昨年同様に、「ゆもとや」、「濱松屋」、「ほてる大橋館の湯」、「松屋」、「わたや」、「だいろの湯」…

続きを読むread more

豪華な健康ランド 「神戸ハーバーランド温泉 万葉倶楽部」

 前のブログで紹介しましたように、先週末は仕事で神戸へ出張してきました。  本来は1泊で帰るはずだったのですが、伊丹からの帰りの新潟便が天候不良のため欠航となり、急遽もう1泊することになりました。  普通なら大阪に泊まるべきでしょうが、気になっていた「神戸ハーバーランド温泉 万葉倶楽部」に泊まることにし、神戸にUターンしました。 …

続きを読むread more